怪獣の絵を描いて人生を切り開いた男の仕事観 ガンダム、ゴジラ、ウルトラマン…何でもござれ

印刷
A
A

開田さんの描くプラモデルの箱絵の評価は高く、その後もあまたの作品を描いた。

2019年には、開田さんの箱絵の原画を集めた展覧会が、池袋パルコのパルコミュージアムで開催されて多くのファンが集った。

怪獣倶楽部時代の知り合いなどから、仕事を頼まれて、いつの間にか人気作家になっていた開田さんだが、

「自分でも何かしなくてはならない」

と思っていた時期もあったという。

「東宝の宣伝部のやり手の女性に相談すると『やっぱり営業するしかないんじゃない?』と言われました。『そうか!! 営業か!!』と思って、いきなり電通に作品を持っていって、『絵を見てください!!』と言いました。少しは仕事になったのですが、満足してそれっきり自分で営業はしていません(笑)」

開田さんは自分では営業はしないが、代わりに営業してくれている人がいる。

開田さんの妻、開田あやさんだ。1984年に出会い結婚した。当時の女性としては珍しい、怪獣映画好きで、開田さんの描く『宇宙船』の表紙も好きだった。

「当時は付き合いがあるのは怪獣仲間ばかり。話をする女性は妹と母親くらいで、急にそういうことになって自分でもびっくりしました」

あやさんは、自身で作家もされており、さまざまな交流会などに積極的に参加される。

そういう折に、開田さんの売り込みをしてくれるという。

「作者本人が売り込みをするのって、難しいですよね。自分のことを高く言うのも、恥ずかしいですし。代わりに女房が売り込んでくれるのはとてもありがたいですね。

今でも作品が上がると真っ先に女房に見せているんですが、褒めるだけではなく、非常に厳しいことも言ってくれて助かります」

開田さんは、イラストレーターになりたいのになれない、という思いをした時期はなかった。またやりたくない仕事を、生活のためにするということもほとんどなかった。

「好きな物を描いた記憶しかないですね。ただこれは才能があったとかではなく、ただ単に本当に運がよかったんだと思います。たまたまいい人に知り合えて、いい場所にいたから、仕事をもらえました。

若い人に、

『イラストレーターになるにはどうしたらいいですか?』

と聞かれると困ってしまうんですよね。苦労をしていないから、的確なアドバイスができないんです」

「怪獣絵師」と呼ばれるようになったきっかけ

開田さんは「怪獣絵師」として皆に覚えられるようになっていた。ただ、「怪獣絵師」の呼び名は周りが言い出したのではなく、自称したのがはじまりだったという。

「『月刊ニュータイプ』(KADOKAWA)にいろいろな人が近況を書くコラムがあるのですが、そこに寄稿する際、肩書をいろいろ変えていたんです。ふっと『怪獣絵師』にしたんですね。そうしたら、それがいつの間にか定着しました」

開田さんは「怪獣絵師」として長年にわたり活躍しているが、イラストの描き方のスタイルは途中で大きく変更した。

「プロになって42年ですが、最初の20年間は絵の具でイラストを描いていました。それ以降は、コンピューターで描いています」

最初に友達にコンピューターを勧められた時は、

「手で描いたほうが早いんじゃないか?」

と思ったという。

ただ以降、年々コンピューターは加速度的に進化していった。

「それでマッキントッシュのコンピューターを購入しました。当時のコンピューターでは大きなサイズのイラストを描くことはできなかったので、下書きにあたる線画を構成するのに使っていました。

そしてPower Macintosh 8500(1995年発売)を導入してからは一気に全部パソコンでの作業に切り替えました。ソフトはPhotoshopで描いています。

部屋が汚れない、データのやり取りがやりやすいなど、メリットは多いですね」

次ページ開田さんが昨今、力を入れていること
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT