モチベーションをできない言い訳にする人の愚

令和では、もはや「死語」にもなりつつある

若者たちの間で「モチベーション」という言葉は死語になりつつあるようです(写真:metamorworks/PIXTA)

「なかなかモチベーションが上がらなくて……」

そう答える34歳の営業パーソンに対して、私はどうしようもない時代錯誤を感じた。私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントで、彼の会社と戦略を練るセッションの最中だった。

34歳の営業パーソンにとって、新規開拓で6000万円の売り上げをつくることが、その年の目標であった。そのための戦略、行動計画はすでに本人と一緒に作りあげていた。なのに、その計画どおりに行動しなかった。不測の事態があったわけでもない。

そこで、上司の課長から「どうしたんだ」と問い詰められたので、彼は「なかなかモチベーションが上がらなくて」と答えた。さすがに上司も、ほかの部課長も、そして彼の後輩の若い営業2人も、呆気にとられていた。

セッション終了後、自動販売機の前で缶コーヒーを飲みながら、2人の若者たちと意見交換をした。私は彼らに「モチベーションって言葉、今も使うのかな」と問いかけると、「使います」と、すぐさま返ってきた。

しかし、そのうちの1人はこの言葉を足すのを忘れなかった。「やるべきことをやるのと、モチベーションは関係がないです」。そのとき、私はとくに若い世代から「モチベーション」という言葉を聞かなくなってきた、とふと考え始めた。

「モチベーション」は01年以降に登場

そもそも「モチベーション」という言葉が頻繁に日本のメディアで取り沙汰されるようになったのは、2001年以降だ。私が年間150回以上のセミナーや講演をするようになった2005年以降でも、アンケートに書かれる「組織の課題」では、圧倒的に「どうすれば社員のモチベーションを上げられるか」が多かった。

ただし東日本大震災の直後はその流れも沈静化した。モチベーションなど、どうでもよく「できることをやろう」と励まし合った時期でもあったからだ。しかし、しばらくしてまた「モチベーション」という言葉がアンケートに書かれ始めたのである。

そもそもモチベーションという言葉を使う人ほど、言葉の意味を正しく理解していない。どういうときに使うことがふさわしいのか、わからずに「ノリ」で口にしている人が大半だ。

同様に多くの人が「うざい」と感じるカタカナ用語はほかにも多数ある。その筆頭が「エビデンス」だ。あまり意味もわからずに使っている人を見ると、誰もが「イタい」と思ってしまう。「モチベーション」もそういう言葉の1つになりつつあるのだ。

次ページモチベーションの本当の意味は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT