モチベーションをできない言い訳にする人の愚

令和では、もはや「死語」にもなりつつある

若者たちの間で「モチベーション」という言葉は死語になりつつあるようです(写真:metamorworks/PIXTA)

「なかなかモチベーションが上がらなくて……」

そう答える34歳の営業パーソンに対して、私はどうしようもない時代錯誤を感じた。私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントで、彼の会社と戦略を練るセッションの最中だった。

34歳の営業パーソンにとって、新規開拓で6000万円の売り上げをつくることが、その年の目標であった。そのための戦略、行動計画はすでに本人と一緒に作りあげていた。なのに、その計画どおりに行動しなかった。不測の事態があったわけでもない。

そこで、上司の課長から「どうしたんだ」と問い詰められたので、彼は「なかなかモチベーションが上がらなくて」と答えた。さすがに上司も、ほかの部課長も、そして彼の後輩の若い営業2人も、呆気にとられていた。

セッション終了後、自動販売機の前で缶コーヒーを飲みながら、2人の若者たちと意見交換をした。私は彼らに「モチベーションって言葉、今も使うのかな」と問いかけると、「使います」と、すぐさま返ってきた。

しかし、そのうちの1人はこの言葉を足すのを忘れなかった。「やるべきことをやるのと、モチベーションは関係がないです」。そのとき、私はとくに若い世代から「モチベーション」という言葉を聞かなくなってきた、とふと考え始めた。

「モチベーション」は01年以降に登場

そもそも「モチベーション」という言葉が頻繁に日本のメディアで取り沙汰されるようになったのは、2001年以降だ。私が年間150回以上のセミナーや講演をするようになった2005年以降でも、アンケートに書かれる「組織の課題」では、圧倒的に「どうすれば社員のモチベーションを上げられるか」が多かった。

ただし東日本大震災の直後はその流れも沈静化した。モチベーションなど、どうでもよく「できることをやろう」と励まし合った時期でもあったからだ。しかし、しばらくしてまた「モチベーション」という言葉がアンケートに書かれ始めたのである。

そもそもモチベーションという言葉を使う人ほど、言葉の意味を正しく理解していない。どういうときに使うことがふさわしいのか、わからずに「ノリ」で口にしている人が大半だ。

同様に多くの人が「うざい」と感じるカタカナ用語はほかにも多数ある。その筆頭が「エビデンス」だ。あまり意味もわからずに使っている人を見ると、誰もが「イタい」と思ってしまう。「モチベーション」もそういう言葉の1つになりつつあるのだ。

次ページモチベーションの本当の意味は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。