モチベーションをできない言い訳にする人の愚

令和では、もはや「死語」にもなりつつある

 私は15年以上にわたり合計1万人以上の経営者や管理者たちに、「モチベーション」の定義について語ってきた。自著にも繰り返し「モチベーションとは当たり前のことを、当たり前にやり、それ以上の行動するために必要な心の動き、意欲、動機づけ」であるということを記してきた。

この言葉の定義に異論を唱える人など当然いなかった。その人にとって仕事上、「朝9時に出勤する」「お客様と約束した時間に訪問する」などといった事柄が、もし「当たり前」になっているのであれば、モチベーションは関係ない。毎日歯を磨くように、何の葛藤もなくやることだろう。このように、毎日の生活や仕事の中で「当たり前」だと認識していることは、モチベーションに左右されないのだ。

若者にとって「モチベーション」は死語

前出の若手2人とこんな話もした。「モチベーションが上がらないから、なかなか行動に移せないという言い訳には慣れているのだけど」。こう私が言うと、「自分で約束したのに、なかなか行動できないことってありますよ。でもモチベーションという言葉は使わないかな」との答えが返ってきた。

自分で決めたことなのに、上司と約束したことなのに、なかなかその通りにできないことは誰だってある。ただ今時「モチベーション」という表現を使ってその言い訳はしない。若者にとって「モチベーション」は、「写メ」とか「ハナキン」と同じようなビジネス死語になりつつあるということなのだろう。

繰り返すが当たり前のことであっても、なかなか行動できないときはある。ただし「モチベーション」の意味を正しくとらえられないと、感謝の気持ちがなくなっていく。「当たり前」の反意語は「ありがたい」である。モチベーションばかりを口にしている人は、謙虚さがなくなっていく。「他責」の癖が抜けないのだ。

平成は確かに「モチベーション」が経営における重要課題だった。いまだに、「社員のモチベーションをどう上げていくか」を、経営課題に上げる企業もある。だが、そういう言葉を口にする人は、古い世代の人たちで、もう感度が鈍っていると言っていい。

次ページモチベーションに取って代わる言葉は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT