モチベーションをできない言い訳にする人の愚

令和では、もはや「死語」にもなりつつある

ミレニアル世代や、さらにその下の世代は、デジタルネイティブで、物欲に乏しいという特徴がある。SNSによる情報発信や情報共有を活発に行い、社会問題への関心が高い。現在の30~40代と比べ、10~20代は、あまり「自分視点」で物事を考えない。「自分視点」より「他者視点」を持っているからだ。

若者たちは、自分がどうしたいかではなく、所属するチームがどうしたいのか、今の社会はなにを求めているのかを意識している。「君はなにをやりたいのか?」と質問する上司に対し、「部長はどうしたいのですか?」と聞きたい世代なのだ。部長や社長が目指したい先(ゴール)があり、それに共感するならついていく。

令和は「エンゲージメント」の時代

自分は何をやりたいのかと自問自答を繰り返し、迷い続けた平成の時代は終わった。令和の時代になって「モチベーション」は、別の言葉に取って代わられた印象がある。その言葉とは、「エンゲージメント」だ。この言葉には、絆や愛着心という意味がある。

昨年のラグビーワールドカップ(W杯)が、最高にわかりやすい例だ。自分のためではなく、どんなに傷ついても立ち上がり、仲間のために汗をかくラガーたち。私たちは、彼らが目指すゴールに強く共感した。声を張り上げて応援した。私たちが関心を向けたのは、自分がなにをしたいかではなく、彼らがなにをしたいのか、であったのだ。2019年の流行語大賞が、見事に「ONE TEAM(ワンチーム)」になったのは、当然だろう。

これからの企業は、社会視点のゴールを明確に決めるべきだ。そして、そのゴール実現を一緒に目指してくれる仲間(人手などと表現しないほうがいい)を採用し、共に進むべきだ。

たとえ傷ついても、前に進むのだ。そうすれば組織エンゲージメントは、確実に高まるだろう。令和の時代に、まだ「モチベーション」などと口にし、自分の内側に「動機づけ」を探している人の末路は、もうわかるはずだ。もっと視座を高め、目線を社会に向けるべき時代がやってきた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT