第3回 ドイツの学校には部活がない?

職住近接・短時間労働がなせる技

スポーツクラブでは誰が指導しているのかということにも触れなければなるまい。
 そのほとんどはクラブメンバーのボランティアである。日本でも学校外のスポーツではボランティアが指導をしているケースが多いが、ドイツでは主流なのだ。

練習はもちろん平日にもある。それでもなぜボランティアができるのかといえば、職住近接・短時間労働の傾向が強いためだ。また技術指導以外に、試合会場や練習場所の準備など、チームのためのマネジメントの仕事も必要だが、やはりメンバーがボランティアで行う。

これは実は大人の側から見ても重要だ。日本人の会社勤務ともなれば仕事関係の付き合いが中心になりやすく、定年してからようやくボランティアなどで「地域デビュー」となる。日本の大人もタコツボ型の世界にいるわけだ。加えて一昔前は体育会系風の社風のところも多かった。

ところがドイツの場合、スポーツクラブを通じて地域社会で自分とは異なる職業・立場・年齢の人間との交流が実現している。日本では社会人=会社員と考える向きがあるが、ドイツでは誰もが社会人であり、スポーツクラブでの人間交際そのものが「社会」なのだ。(下図参照)
 

非タコツボ型のドイツ
次ページ子供の頃から社会に触れる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT