第3回 ドイツの学校には部活がない?

タコツボ化しないドイツのクラブ

ここでドイツの学校を見てみよう。ドイツの学校は基本的には午前中で授業が終わりで、日本のような部活はない。

もちろん学年が上がっていくと、週のうち1、2日程度、午後からの授業もある。学校によっては午後から音楽や演劇などのグループがある。これが日本の部活に比較的近い。いずれにせよドイツの学校の時間割の基本設計は午前中で終わり、課外活動も日本の学校ほどではない。

ではどこで、スポーツをするのか。そう、スポーツクラブである。当連載の1回目でも触れたがドイツのスポーツクラブは日本でいうところのNPOのような組織だ。 その数はドイツ全国各地に9万以上、会員数は約2,800万人を数え、7歳から18歳までの会員は27%を占める(2013年、ドイツ・オリンピック連盟)。
 

ドイツ・オリンピック連盟の2013年発表の統計を元に作成


 異なる学校、異なる年齢の子供たちが一緒にスポーツを行う。子供たちは学校とは異なる世界にやってくるわけだ。言い換えれば学校が唯一の生活基盤ではない。
 しかも、そもそもドイツに先輩・後輩といった概念はない。タコツボ型のスポーツ環境に子供たちが陥ることはない。

次ページ職住近接・短時間労働がなせる技
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT