第3回 ドイツの学校には部活がない?

日本の部活は逃げ場なし

筆者はドイツに長らく住んでいるので、昨今の日本の中学校・高校の細かい事情はわからない。ただ、筆者の日本での学生時代や見聞きしたことをまとめると、体育会系のクラブの多くは、学校で朝練があって、授業を受けて、そのあとも校内で練習。
 普通に考えると生徒たちにとって生活の大半を占めるのが学校だ。そこへ「楽しみ」としてスポーツをするというよりも試合を重視する傾向が加わる。

そういう環境でも、厳しいが生徒のモチベーションを高めつつ、勘所をついた技術指導をする顧問の先生がいて、互いに敬意をもった先輩・後輩関係があり、できれば試合にも勝ちたいが、むしろ自分たちの力が最高のかたちで出せることを目標に頑張る。そういう健全な状態があれば部員たちは年齢にかかわらず苦楽を共にした仲間だ。学校での部活はまさに充実した青春の1ページだ。

しかし、度を越した勝利志向、体罰指導が有効と考え、権威を振りかざす顧問、先輩には絶対服従。そんな人間関係のクラブの場合、緊張感と苦痛しか得られず、学校は逃げ場のないタコツボと化する。昨今問題になるのは、おそらくこのような傾向の強いところではないだろうか。(下図参照)
 

タコツボ型の日本
次ページタコツボ化しないドイツのクラブ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT