「スポ根」アニメから抜け出せない日本

【最終回】 スポーツは「遊び」なのか?

よくスポーツは「遊び」と説明されるが、日本ではなぜかしっくりこない。その理由をドイツと比較しながら考察した。当連載最終回、さらに日本のスポーツは今後どうしていけばよいか、大きな方向性も考えてみたい。

体育会系文化の醸成に影響?

スポーツの定義は、語源であるラテン語“deportare”までさかのぼって説明されることが多い。英語だと“carry away”、「何物かを運び去る」といった意味だ。転じて不安や憂いを運び去ること、つまり「遊び」「気晴らし」と説明されるわけだ。だが筆者は長きにわたり、「スポーツは遊び」という説明は正直なところピンとこなかった。読者の皆さんはいかがだろうか?

 筆者の年齢は40代半ば。「みんな同じテレビ番組を見る」というメディアの時代を過ごしているが、今日の40~50代は野球を舞台にした「巨人の星」などのスポ根(スポーツ根性もの)アニメに熱中した。それらの作品にはライバルとの競争で勝利を得ること、そのための激しいトレーニングなどの要素がある。戦後、高度経済成長期を迎え、「がんばれば成功する」という時代の気分とうまくマッチしたのだろう。

 だが、ここには「遊び」や「気晴らし」という言葉が入る隙間がない。「スポーツは遊び」への筆者の違和感は、今思えば、スポ根アニメが影響していたような気がする。1980年代あたりからスポ根も時代遅れになっていくが、勝利のための無茶な練習や身体への刺激(気合のためのビンタなど)は「普通のこと」という体育会系文化の醸成に、スポ根作品も一役かっていたように思える。

次ページなぜドイツではスポーツが「余暇」なのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT