「未経験の職種」で面接を落ち続けるのはなぜか

「離職期間」をブランクと考えるのは間違いだ

他職種他業界を応募していますがなかなか面接が通過せず、離職期間が広がっていく現状に不安しか感じられません(写真:perfecta/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

はじめまして。28歳のたきと申します。転職活動について相談させてください。
前職では大手メーカーで営業として丸4年間働いておりましたが、200時間を超える残業が続き、上司からの叱責も相まって体調を崩し、逃げるように退職してしまいました。
退職して4カ月が経ち、体調もよくなり、いろいろなエージェントと話している中で、少しずつ自信を取り戻し、転職活動をしております。
もともと人に教えることにやりがいを感じていたこともあり、体調を崩した営業ではなく、他職種他業界を応募していますが、なかなか面接が通過しません。
日々、離職期間が広がっていく現状に不安しか感じておりません。
就職することを第一目的に見据えて、未経験に挑戦するのではなく、ある程度なじみのある業界、職種に絞って応募するべきでしょうか。
たき

大切なのは継続であり、長期的な目線

自分が何をしたいかをより明確にするとともに、相手(転職先)に対して自分が何ができるのか、という視点をもっと強く持ちましょう。

ブランクが長引いてしまうという不安はわかりますが、キャリアにおいて大切なのは継続であり、長期的な目線ですから、今の数カ月のために今後の数十年間を犠牲にするようなことはしてはいけません。

20代も後半ともなればなおさらですが、大事なことはとりあえず転職のための転職をすることではなく、転職の「その後」も見据えた動きをするべきです。

この連載の記事一覧はこちら

現状を打破したいがゆえに、目先の簡単そうに見える道に行きたくなる気持ちはわかりますが、それでは短期的な気休め程度にしかならず、根本的な問題の解決にはつながりません。根本的な解決にならないがゆえに、転職しても悩みや不安はついてまわり、今後もつねに転職を考えてしまうような負の循環に陥ってしまう可能性すらあります。

次ページ否定モードに入ってしまっていませんか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。