内定出た2社で決められない時はどうすべきか

「とりあえずやってみる」には深い意味がある

スタート時点で出遅れてしまっても、心配は無用です(写真:U-taka/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

現在大学4年生です。2社からいただいた内定のどちらを選択するべきか、悩み、途方に暮れているため、少しでもヒントをご教示いただければと思います。
1社は損害保険会社の総合職、もう1社はゲーム会社の総合職です。就職活動は自己分析が足りず、一瞬で過ぎ去ったような感覚でした。正直徹底的に自分と向き合えず、納得のいく就活ではなかったと思います。
職種が決まっているわけでもなく、判断軸が福利厚生やお金など目に見えるものばかりで判断してました。でも、転職する際に保険会社だと縛りがありそうなどとデメリットを考えすぎるがあまり、一歩も踏み出せずにいます。
アドバイスいただけましたら幸いです。
学生 H.O.

経験の中で優先順位や仕事への価値観を磨いていく

まずは2社からの内定おめでとうございます。

この連載の記事一覧はこちら

とりあえずどこかの会社に勤めてみて、リアルに仕事というものを経験する中でご自身にとって仕事をするうえでの優先順位や仕事に対する価値観を磨いていくのもありだと思います。

頂戴した文章を拝見するに、現時点においてH.O.さんの中では仕事を選ぶうえでの基準や優先順位を特段お持ちではないように思えます。

といっても、それ自体が悪いわけでは決してありません。

次ページ成長を通じて考えや視野を磨く
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT