「未経験の職種」で面接を落ち続けるのはなぜか

「離職期間」をブランクと考えるのは間違いだ

それができているかどうかで、「今後の成長可能性」を相手に感じさせるかが変わってくるはずです。

そして、そのためにもたきさんとしてもご自身が歩んできた営業という職をすべて否定するのではなく、棚卸しをしたうえでご自身の過去4年間程度のキャリアを踏まえて、上記質問に答えられるように自問自答を繰り返すべきなのです。

そのうえで、営業ではなくほかの職種に、というのであればわかりますし、周りに対する説得力も増すでしょう。

職業人として、自分が何者なのかを明確にする

現状はそういった思考プロセスを飛び越えて、否定から入ってしまっているがために、周りはおろかたきさんご自身も「職業人として、たきさんは何者ですか?」が不明瞭になってしまっているのだと思われます。

そしてそういったことが不明瞭であるがゆえに将来の見通しが不透明となり、転職方針もメドが立たないのでしょう。

とりあえず動きたい、前に進みたい、と焦る気持ちはわかりますが、次のたきさんのアクションは今後数十年にわたるたきさんの職業人人生へ大きな影響を与えることになりえます。

行動に過去や実績からの過度の飛躍があったり一貫性を失ってしまう中で、キチンとした行動の理論的背景がないと周りへの説得力も生まれませんし、何よりもご自身も自分の行動に自信を持つことができないでしょう。

まずは過去の棚卸しを通じて、キチンとした行動指針をご自身の中で持ったうえで行動してみるべきではないでしょうか。

失敗を糧として、きれいに起き上がる――。そういったことを念頭に「次、何をするべきか」を熟慮してみてください。

たきさんがそういった意思のある転職活動を通じて、新たな職業人としての一歩を踏み出されることを応援しております。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。