アップルウォッチの「知らないと損する」新機能

「割り勘計算」や「ウェブ閲覧」使ってますか?

チップ計算の仕方は、次のとおり。計算機を立ち上げたら、まず画面を強く押し込んでみよう。すると、「チップ計算」と「パーセント」という選択肢が表示される。ここでは「チップ計算」をタップすればいい。

チップのパーセンテージと、割り勘する人数を変更できる(筆者撮影)

すると、計算機の「9」の上にあるキーが「TIP」に切り替わる。あとは総額を入力して、この「TIP」ボタンをタップすればよい。チップのパーセンテージは、側面のデジタルクラウンを回して変更できる。その下の人数も同様に、デジタルクラウンで変更可能だ。

例えば、2人で120ドル、18%のチップを割り勘するときは、120と入力したあと、「TIP」ボタンを押し、チップのパーセンテージを18%に指定、人数を2に増やせばよい。暗算ではなかなか難しいが、Apple Watchだと計算は一瞬。合計141.6ドル、チップ込みで1人当たり70.8ドルという数値を、すぐに算出してくれる。

残念ながら、チップのパーセンテージは0%にできないため、日本ではあまり出番がないかもしれないが、本体価格を入力した後、チップを消費税に見立てて10%に指定し、割り勘したい人数を指定するという使い方はできる。単純な割り算のため、あえてTIP機能を使わなくても計算は可能だが、人数の増減による金額の違いをサッと確認したいときには便利だ。

2. Apple Watchでウェブを見る方法

Apple Watchはブラウジングをサポートしているものの、iPhoneやiPadのように、Safariがアプリとして存在しない。ブラウジングは、あくまでメールなどに記載されたリンクを確認するためのもの。会議中や会食中など、iPhoneを堂々と取り出しにくい場面でも、Apple Watchであれば、すきを見てサイトをチェックすることはできる。

サイトの中身を読み込むのは難しいが、ニュースサイトの見出しやランキングをチェックして、トレンドを把握するといった使い方は可能。

タイトルや見出し程度であれば、Apple Watchでも十分確認できる(筆者撮影)

Safariがないとはいえ、メールやiMessageのリンクを読み込むことは可能だ。ブックマークに登録してあるサイトをリスト化して、メールやiMessageで自分に送っておけば、必要なサイトだけはすぐに開くことができる。

実際、東洋経済オンラインを開いてみたが、iPhoneに近いレイアウトで表示され、腕を机に置いた状態でも、記事のタイトルは読むことができた。リンクもタップできるため、今、どんな記事が人気なのかも、手元で確認できる。

さすがにそこまでやる人はいないかもしれないが、音声入力を使えば文字入力も可能。東洋経済オンラインで筆者名を検索し、過去の連載を表示することができた。Apple WatchはeSIMを内蔵しており、契約していれば、単体で通話やデータ通信を行える。

次ページ外出したときはどうすればいい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。