アップルウォッチの「知らないと損する」新機能

「割り勘計算」や「ウェブ閲覧」使ってますか?

そのため、あらかじめグーグルへのリンクをメールやメッセージとして送っておけば、Apple Watchだけ装着して外出したときにも、最低限検索だけは利用できる。メールやSNSと距離を置くため、休日にApple Watchだけで外出するようなときや、うっかりiPhoneを忘れてしまったときにも、グーグルへのリンクを張ったメールがあれば安心だ。

ただし、そのままにしていると、ブックマークリストを記載したメールやメッセージが埋もれてしまうため、一工夫が必要になる。フラグをつけて管理するのは、その1つ。届いたメールを開いた状態で画面を強く押し込み、フラグをつけておけば、後からそのメールだけを確認しやすくなる。

メールに専用のフォルダ(Gmailの場合ラベル)を作っておき、そこに移動させてすぐに表示できるようにする方法もある。いざというときに役立つため、最低限のサイトはまとめておきたい。

3. 映画館でのほか会議中も使える「シアターモード」

Apple Watchは腕を上げるだけでディスプレーが点灯してしまうため、映画館では「シアターモード」を活用したい。iPhoneにはない機能のため見逃されているかもしれないが、シアターモードは、画面下をスワイプして現れるコントロールセンターにあるボタンから設定できる。人の顔が2つ重なったボタンをタップすると、このモードに切り替わる。

人の顔が2つ重なったオレンジ色のボタンをタップすると、シアターモードに切り替わる(筆者撮影)

シアターモード中は、腕を上げてもディスプレーが点灯しなくなる。ディスプレーをタップするか、デジタルクラウンを押すと点灯する仕様だ。意図せず腕を上げてしまって、ディスプレーがこうこうと周りを照らしてしまうのを防ぐことができる。とはいえ、時計が表示されていないと、時刻もわからない。

このようなときは、デジタルクラウンを上に回すと、少しずつディスプレーを明るくしていくことが可能だ。1回転させると、周囲には気づかれない程度のわずかな明るさになる(Series 2以降の場合)。これだと遠目では時間もわからないほどだが、目に近づければ、文字盤に何が書かれているのかを見ることはできる。シアターモードをオフにしたいときは、同様にコントロールセンターのボタンをタップすればいい。

シアターモードという名称ではあるが、映画館以外でもこのモードは活用できる。会議中など、あまりディスプレーを点灯させるのがふさわしくないときも、シアターモードにしておくといいだろう。子どもを寝かしつけるときなども、ディスプレーが意図せず点灯しないほうがいい。活躍するシーンは、シアターだけにとどまらないことは覚えておこう。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。