金銭感覚のズレで婚約破棄した38歳女性の決意

コスパの良しあしでメニューを選ぶ40歳男性

実家に帰り、「晴一さんとの結婚はやめようと思う」そう言ったら、父も母も仰天した。

「あなたもいい年なんだし、ここまで話が進んだものを壊してどうするの?」とオロオロしている母に、彼がどれほどお金に細かいかを、話して聞かせた。また辞めていく同期の送別会の費用を出し惜しんだり、テレビを見ながら不祥事を起こした政治家を口汚くののしったりした話もした。

すると、黙って聞いていた父が、口を開いた。

「晴一くんは、自分のためにはお金を使うが、人に使うのはもったいないと思ってしまう人なんだろうな。そういう男には、人望がない。本人は1円も無駄にしていないから得をしているつもりでいても、人生を長い目で見たら、実は大損をしている。“金は天下の回りもの”と言うけれど、人のためにお金が使えて、人のために働ける。結局そういう人のもとに、お金が戻ってくる」

確かにそのとおりだと思った。幸いまだ指輪も注文していない。結婚式場も決めていない。結婚をやめるのは、今のタイミングだと思った。

いい悪いの話ではなく、考え方や価値観が違っただけ

「結婚を白紙に戻したい」という話をすると、晴一は当然のことながら、最初は納得しなかった。何度か会って話し合い、その度に、「私はあなたとは結婚できない」「結婚する気持ちはなくなった」と言い続け、結婚話は破談となった。

ここまでの話を私にすると、絵都子は言った。

「もちろんない袖は振れないし、見えっ張りで散財してしまうのもどうかと思います。でも、今回学んだのは、お金の使い方に人間性が透けて見えるということです」

堅実にお金を管理して暮らすことは、決して悪いことではない。世の中には、つねにコスパを考えてお金を使う女性もいるだろう。そうした価値観を持っている者同士が結婚したら、きっとうまくいく。

しかし、絵都子はそれを窮屈に感じてしまった。それはお金に対する考え方や価値観が違うのだから、仕方がない。

絵都子の婚活が、このたび再スタートする。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。