婚活市場で「奢らない」男の評価はこうも低い

年収1千万のイケメンを彼女が見限ったワケ

稼ぐ女性も増えていますが、それでも婚活市場において「金払いが悪い」男性は評価が低いのが現実です(写真:bee / PIXTA)

おカネをどう使うかで、その人の“人となり”が評価されてしまうことがある。あくまで一般論だが、人のためにおカネが使える人の評価は高く、必要以上にケチだったり、おカネにルーズな人の印象はよくない。

男女交際においても、“男女間でのおカネの使い方”は、つねに話題に上るところだ。年代が若くなるにつれ、“割り勘”で交際することに抵抗がないカップルが増えていると言われているが、実際のところ“女性に奢(おご)れる男性”は、女性たちからやはり高評価を得る傾向にある。

また“割り勘”で交際しているカップルも、男性が1円単位まできっちりと割っていたら、女性はその男性を“セコイ”と思うだろう。たとえば5000円の会計なら、男3000円、女2000円という、いわゆる“女子割”会計が主流ではないだろうか。

婚活市場では「男性が支払う」のがいまだ暗黙の了解

この連載の一覧はコチラ

では、“お見合い”の場合はどうか。

お見合いのお茶代は男性側が払うというのが、昔からの暗黙のルールだ。しかし最近ある大手結婚相談所が、“お見合いでのお茶代は各自で支払う”というルールを設けた。これが女性たちからすこぶる評判が悪い。

その相談所から来た申し込みは、よっぽど条件のいい男性でないと受諾をしないという女性たちもなかには出てきた。

男女平等の世の中であり、これだけ女性の社会進出も進んでいるのだから、お茶代の折半はフェアなことだろう。それでもなお、“お茶やご飯をごちそうになる”ことを、“男性から大切にされている”ととらえたり、そこに“男気”を感じたりする女性は、まだまだ多いのだ。

私の結婚相談所の会員である佳恵(38)も、そのひとりだ。

次ページ外資系大企業のイケメンと付き合うことになったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。