婚活市場で「奢らない」男の評価はこうも低い

年収1千万のイケメンを彼女が見限ったワケ

佳恵は、ここ3カ月、お見合いを休んでいた。友達に誘われて参加した合コンで出会った拓也(41)と付き合っていたからだ。その佳恵が、「またお見合いを再開したい」と連絡を入れてきた。

私は拓也に会ったことがないのだが、佳恵から見せられたツーショットの写真に写る拓也は、佐々木蔵之介似のキリリとしたハンサムだ。身長も、162センチの佳恵より頭ひとつ大きい。外資系の大手企業に勤めているというのだが、勤め先を偽っていなければ、年収は軽く1000万円を超えているはずだ。

つまり、婚活中のアラフォー女性にとって、 “結婚するには申し分のない相手”だった。

「“結婚を前提にお付き合いしたい”と言われたので、しばらくは彼と真剣に向き合ってみようと思います」

“お見合いをしばらく休みたい”と、連絡を入れてきたときの佳恵の声は弾んでいた。それなのに、この3カ月のうちに何があったのだろうか。

年収1000万円でも「人にはおカネを使えない」

佳恵が、久しぶりに事務所にやってきた。

「彼との結婚は考えられなくなりました。またお見合いを再開しようと思います」

開口一番こう言った。考えられなくなった1番の理由が、おカネに対する考え方の違いだったという。

「自分にはおカネを使えるけど、人にはおカネを使えない。ケチなんです。自分が払った金額と同等の額を私も払って当然だと思っているんですね、彼は」

「すべてが割り勘ってこと?」

「はい。ただ会計を割るんじゃなくて、ここは彼が払ったら、次は私が払うみたいなパターンでした」 

栃木出身の佳恵は横浜に一人暮らしをしながら、横浜の会社に勤めていた。拓也は埼玉の実家に両親と住み、都内まで通勤していた。デートは横浜か都内でするのだが、週末は食事をしたらその後はホテルに泊まっていたという。

「彼は私の家に来て泊まりたかったみたいだけれど、正式に結婚することが決まるまでは家に呼ぶのは嫌だったので、外で会うようにしていました。家を知られてないのが幸いでした」

結婚が決まるまで一人暮らしの部屋に男性を入れないのは、賢い選択だ。女性の家に寝泊まりできる関係になると、そこから“結婚”を言い出さずに、ズルズルと恋愛関係だけを引っ張る男性もいる。女性は、“いつかは結婚できるのではないか”と期待をし、その関係を2年も3年も続けてアラフォーになり、恋愛が終わったときに後悔をすることがある。

佳恵は、続けた。

次ページ食事代は彼女、ホテル代は彼氏、の分担に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング