婚活市場で「奢らない」男の評価はこうも低い

年収1千万のイケメンを彼女が見限ったワケ

「お泊まりデートをするようになったら、いつのまにか食事代は私が出して、ホテル代は彼が出すというパターンが定着してしまったんですね」

会社を終えて、金曜の夜に会う。そんなに高いお店に行くわけではないが、お酒を飲むことが好きなふたりは、会計が毎回1万円前後になっていたという。ワインをボトルで頼んだり、焼き肉に行ったりすると1万円を超えてしまっていた。年収370万円で一人暮らしをしている女性が、1回の食事代に1万円を使うのは、けっこう痛い出費だった。

「ホテル代は彼が払っていたというけれど、どんなクラスのホテルに泊まっていたの?」

「ごく普通のビジネスホテルです。彼がネット予約をしてホテル代をカード決済しているから、いくら払っているかわからないんですけど、ホテル代より食事代のほうが高いときもあったんじゃないかと思います」

さらにそのホテル代の支払いの仕方に、佳恵は不信感を抱いていた。

「ホテルって、ネット予約をすると安くなりますよね。あと、これは私の想像ですけど、ツインをシングルユースで予約していたんじゃないかって」

「どういうこと?」

「ツインを2人で予約するよりも、1人で泊まると申告して予約したほうが、部屋代が安くなるホテルがあるんですよ」

なぜそう思ったかというと、お泊まりデートの日は、ホテルにまず彼がひとりでチェックインし、それから待ち合わせの場所に来るからだ。

「それから、泊まった日の朝は、決まってこう言うんですよね。『今度佳恵の家に行きたいな。こうやって毎回ホテル代を出すのも、もったいないじゃない』って。私、そう言われる度に気持ちが引いていました。ホテル代を出すのが本当は惜しいんだなって思って」

金銭感覚の違いを思い知らされた“出来事”

そして、「この人とは、金銭感覚が違う」という、決定的な出来事が起こった。

ふたりが出会ってから3カ月目の記念日のことだった。特別な日なので、彼が都内にある、いつもよりも値段の高いシティホテルを予約していた。

夕方チェックインして、まずは2人で部屋に行き、荷物を置いて外に夕食を食べに行くことになった。佳恵が外に出る身支度をしていると拓也が言った。

「俺、財布、持っていかなくていいよね」

その言葉を聞いて、カチンときた。記念日の食事も私に出させる気なのか。そこで、とっさにこう返した。

「貴重品は、ホテルに置きっ放しにしないで、持っていったほうがいいんじゃないの?」

次ページテーブルの上に置いたおカネは翌朝…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT