金銭感覚のズレで婚約破棄した38歳女性の決意

コスパの良しあしでメニューを選ぶ40歳男性

さらに、その宝石商の友達から、ブライダルフェアに行くと、ただで結婚式の料理が試食できるという話を仕入れてきたようだった。

「ホテルによっても違うらしいんだけど、出るフルコースの料理をワンプレートに少しずつ乗せて出してくれるところがあったり、メインだけ食べられたり、デザートだけ食べられたりするところもあるって。中には、先着何名様はフルコース無料というところもあるらしいから、ちょっと調べてみるよ」

結婚話が進むにつれて、とにかく自分が損をしないように、また、お金を払わずにどれだけ得ができるかと、そんな話題ばかりを話す晴一にだんだん嫌悪に近い感情を持つようになった。

釣った魚には、もう餌をやらないってこと?

また、婚約してからというものスーパーで食材を買っても、外食をしても、絵都子もお金を割り勘で払うことが、いつの間にか暗黙の了解事項となっていた。

あるとき、食券を入り口の自動販売機で買うそば屋に入った。晴一は自分が食べる430円のかき揚げそばのチケットを買うと、スタスタと店の奥の店員に渡しに行き、2人が座るテーブルを確保した。そのとき、こんな安いお店でも自分の分のお金しか払わないのかと思ったら、何だか腹立たしくなったが、410円のキツネうどんのチケットを買った。

そばとうどんを前にして、晴一が言った。

「そばとうどんだと、そばのほうが原価が高いんだよ。だから値段が同じなら、そばを食べたほうが得。それにかき揚げそばが430円なのに、油揚げしか乗っていないきつねうどんが410円って、きつねうどんはコスパが悪いよね」

ここまで細かいことを言われると、さすがに気持ちが抑えきれなくなった。ひとまず店の中なので黙ってうどんをすすって食べたのだが、店から出るなり、絵都子はとげとげしい口調でまくし立ててしまった。

「原価、原価って、そんなことよりも、そのときに食べたいものを食べればいいじゃないっ! 相談所にいてデートをしていたときは、私にお金を払わせないで、全部ごちそうしてくれていたよね。釣った魚には、もう餌をやらないってこと? もちろん私も働いているし、すべてをごちそうになろうなんて思っていないけど、410円のうどんのお金も女に出させて、さらに、そばとうどんの原価がどうとか。一緒に食事していても、ちっとも楽しくないわ!」

次ページ絵都子を心底ガッカリさせた一言
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング