見合いして2年付き合った男女が破局したワケ

婚約解消に至るカップルには共通項がある

結婚の話が具体的になった途端にうまくいかなくなるカップルには、ある共通点がある(写真:kou/PIXTA)  
婚約し結婚までの具体的な話を進めていくうちに、結婚観が合わなくなり、婚約を破棄してしまうカップルがいる。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「一度決めた結婚を難しくしてしまう人たちの特徴」について考えたい。

「ある女性と婚約をしたのですが、ここにきてこのまま結婚していいかどうか悩んでいます」

矢島貴之(47歳、仮名)が、婚活相談にやってきた。私のところでは、ほかの場所で婚活している方たちの“婚活相談”にも乗っている。

貴之は紺のスーツにネクタイを締め、見るからにまじめそうな、大手企業で働くサラリーマンだった。

結婚の話を進めるうちに疑問点が出てきた

「2年間お付き合いして、結婚の話を進めていくうちに、婚約者に対していろいろと疑問点が出てきたんです」

この連載の一覧はこちら

婚約者、斎藤美恵子(42歳、仮名)との出会いは、大手の結婚相談所だったという。

「結婚相談所で出会ったのに、2年? すいぶん長い間、お付き合いをしていたんですね」

結婚相談所は、言わずと知れた“結婚をしたい男女が登録する”ところだ。そこでお見合いしてお付き合いに入ったら、3カ月を目安に、“お互いに結婚に向かえるかどうか”の意思確認をするという規約がある。このとき、一方が“結婚に向かいたい”と言っているのに、もう一方が“結婚を迷っている”場合は、いったんお付き合いを解消することになっている。

時間は有限だ。迷っている相手に引っ張られて、1年、2年と経ったときに、“やっぱり結婚はできない”となったら、“結婚したい”と思っていた相手の時間が無駄になってしまうからだ。

ただ、この3カ月の規約は、 “今は決められないので、もう少し時間をかけたい”とお互いが思っているなら、適用されずに本人たちの意思に任せて延長をすることになる。

「相談所で婚約をして、成婚退会をしたんです。そこから約2年間、2人の中で結婚に向けてのお付き合いを進めてきました」

次ページ慎重派カップルなのかと思ったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT