「独占男」との婚約を解消した36歳女性の顛末

「やきもち」という言葉では済まされない

過ぎた嫉妬のあまり婚約破棄をされた「独占男」とは(写真:tomos/PIXTA)
2カ月前に成婚退会をした元会員から、「婚約を破棄したので、またお見合いを再開したい」と、連絡が入った。破局の原因は、「相手の嫉妬深い性格に、結婚は難しいと判断したから」だという。
仲人として婚活現場にかかわる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「嫉妬する人間の心理」について考えたい。

3年弱のお見合いで「婚活疲れ」を起こしていた

「婚活を3年近く年続けてきて、やっと出会えたと思ったのに」

婚約を破棄し、お見合いサイトに再登録するために事務所にやって来た吉澤優子(36歳、仮名)は、疲れ切った表情で言った。

成婚退会していったのは、昨年9月のことだ。5月の末に同い歳の伊藤国春(仮名)とお見合いし、その後交際に進展してから3カ月で結婚を決めて、トントン拍子で成婚退会していった。

今回の破局劇を、優子はこう振り返る。

「前の相談所で2年ちょっと、鎌田さんのところで約10カ月と、3年弱の間お見合いを繰り返していて、婚活疲れを起こしていました。『もう結婚は諦めようか』と思っていたときに伊藤さんに出会ったんです。彼がグイグイリードして結婚の話を進めてくれたので、もうここで決めてしまいたかった」

この連載の一覧はこちら

3年探していなかったのだからこのチャンスを逃したら、次の相手がいつ出てくるかわからない。また3年が経ってしまったらもう40歳が見えてくるという気持ちもあったのだという。

「急激に好きになっていったのも事実です。これまで出会ってきた人とは違って、私に対してすごく一生懸命で、一途な愛情も感じていたので」

優子は、この3年間、結婚相談所でのお見合いと並行して、婚活アプリでも活動をしていた。

次ページ出会ったその日に体の関係を求められ…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。