結婚10年、37歳で離婚した女が受けた壮絶DV

長男の小児喘息発覚に「俺の子じゃねえ!」

夫のDVが始まったきっかけは長男の重病だった(筆者撮影)
単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこにいたるまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、離婚という選択肢を選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第5回。現代社会が抱える家族観や結婚観の揺らぎを追う。

新婚当初は優しかった夫が豹変

「前の夫の態度が急変したのは、第1子の息子に重度の小児ぜんそくがわかってから。"王子"と呼んでそれまでかわいがっていたのに、突然『こいつ俺の子じゃねぇ』って、言うようになった。長男にはかわいそうだけど、病気の子を持ったというのが大きかったと思う。そこからおかしくなって、夫のDV(家庭内暴力)も始まったんです」

この連載の一覧はこちら

田中恵理子さん(59歳、仮名)は少し遠くを見つめながらそう語った。現在、恵理子さんは別の男性と再婚して看護師として病院に勤めている。若々しくて、かわいらしい顔立ちの女性で年齢よりはずっと若く見える。

恵理子さんは、アパレル関係の営業マンの上野聡(当時21歳、仮名)と、27歳のときに結婚し、37歳で離婚した。

聡とは、看護師の友人がセッティングした合コンで知り合った。すぐに食事に誘われ、結婚まで時間はかからなかった。

「聡は、TUBEの前田さんに似たさわやかイケメンでした。高校時代までラガーマンでバリバリの体育会系だったから、マッチョでカッコよかった。押しの強さと若さに負けて、結婚した感じですね。聡は長男で両親から結婚のプレッシャーもあったみたいで、どんどん流れで結婚が決まっていきました。

私のほうも年齢的にも周りが次々と結婚していく中で、『世間体を考えても、結婚しなきゃ』って歳になっていて、その勢いに乗っかったって感じ。その前に、何年も付き合った相手に浮気されて失恋していたから、私だって結婚できるんだと思いたかったのかもしれない」

新横浜のホテルで大々的に式を挙げた。すぐに息子を身ごもった。新婚当初から夫は優しかった。お産の時も立ち合って、心配そうに一晩中病院の周りをウロウロしていた。恵理子さんは、平凡だが、円満な家庭生活を手に入れたと思った。長男が重度の小児ぜんそくだとわかるまでは――。

次ページ息子の病気がわかったその夜から
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。