中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

今や首都圏では、5人に1人の小学生が中学受験に臨む時代。開成中学をはじめ、名門難関私立校への合格実績で独り勝ちの様相を見せるのが、進学塾「SAPIX」だ。そのSAPIXで一体どんな授業が行われているのか。教育ジャーナリストである著者による授業参観記だ。

子ども達を飽きさせないスピード感のある授業、過去問に精通した講師陣が工夫を凝らすカリキュラムやオリジナルテキスト。実際に通塾していた子どもやその親への取材を通して、著者は子ども達はSAPIXで勉強することを楽しんでいるといい、そうした子ども達の姿に「健全な競争意欲」を感じたという。

決してマイナス面ばかりではない中学受験の現実を語る。

学研新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。