中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

今や首都圏では、5人に1人の小学生が中学受験に臨む時代。開成中学をはじめ、名門難関私立校への合格実績で独り勝ちの様相を見せるのが、進学塾「SAPIX」だ。そのSAPIXで一体どんな授業が行われているのか。教育ジャーナリストである著者による授業参観記だ。

子ども達を飽きさせないスピード感のある授業、過去問に精通した講師陣が工夫を凝らすカリキュラムやオリジナルテキスト。実際に通塾していた子どもやその親への取材を通して、著者は子ども達はSAPIXで勉強することを楽しんでいるといい、そうした子ども達の姿に「健全な競争意欲」を感じたという。

決してマイナス面ばかりではない中学受験の現実を語る。

学研新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。