中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

中学受験SAPIXの授業 有名塾では何を教えているのか? 杉山由美子著

今や首都圏では、5人に1人の小学生が中学受験に臨む時代。開成中学をはじめ、名門難関私立校への合格実績で独り勝ちの様相を見せるのが、進学塾「SAPIX」だ。そのSAPIXで一体どんな授業が行われているのか。教育ジャーナリストである著者による授業参観記だ。

子ども達を飽きさせないスピード感のある授業、過去問に精通した講師陣が工夫を凝らすカリキュラムやオリジナルテキスト。実際に通塾していた子どもやその親への取材を通して、著者は子ども達はSAPIXで勉強することを楽しんでいるといい、そうした子ども達の姿に「健全な競争意欲」を感じたという。

決してマイナス面ばかりではない中学受験の現実を語る。

学研新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。