日本人が知らない「インド」強烈な不条理と魅力

10年以内にGDPで日本を追い越す経済大国

深刻な貧困などの問題を抱える一方で、アメリカのシリコンバレーを支える人材を輩出するIT大国でもあるインド。13億人が住む「混沌の国」の素顔は(写真:Arkadij Schell/iStock)
13億人、10年以内に中国を抜いて人口世界一。GDPも10年以内に日本を追い越すと予想されるインド。その巨大市場に企業が熱視線を送っている。社会、経済、市民生活、さまざまなデータを挙げつつ、著者が触れてきた“ありのままのインド”を描く。『新インド入門 生活と統計からのアプローチ』を書いた国際交流基金職員の田中洋二郎氏に聞いた。

物乞いの数やアグレッシブさも激しい

──依然として、訳のわからない、混沌の国という印象なんですが。

強烈なイメージを放つ国ですからね。貧困レベルも、物乞いの数やアグレッシブさも激しい。一方で、数字のゼロを発見した国であり、アメリカのシリコンバレーの基盤を支えるIT人材供給国でもある。

──え、物乞いがアグレッシブ?

オート三輪に乗っていたとき、道端から物乞いが飛び掛かってきて、持ってたペットボトルを奪われた。それが空だったから、ふざけんなっ、と力いっぱい投げつけられて。堂々と物乞いしてくるし、成果がないと堂々と怒ってくるし。

──ところで今回、統計を用いたアプローチを試みたのは?

一度インドにまつわるイメージを壊してもらいたかった。道端の貧困だけ思い浮かべていると、今の経済大国インドが見えなくなる。数字は私の意見でも誰かの意見でもなく、事実を物語りますから。

──インドが大国なのは頭では理解しているんですが、いかんせん感覚との間にギャップが……。

矛盾するイメージを大量に放ち続けてる国なんです。経済発展著しいのに何で道が汚いままなんだ、何で農民は貧しいままなんだ、と当惑するかもしれない。でも人口13億に270の言語を抱える国の舵取りは難しいのが現実。中国のような1党独裁じゃないから、上海からはスラムが消えても、インドの都市からは絶対なくならない。

次ページ飲酒経験者は驚くほど少ない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT