「気温」だけで熱中症危険度を判断すると危ない

気温だけでは図れない「熱」がある

気温だけで熱中症の危険度を判断するのは危険な理由とは(写真:zak/PIXTA)
ピークは過ぎたようだが、暑さ寒さも彼岸まで、まだまだ注意が必要だ。ポイントは気温を絶対視しないこと。気温は体温に影響する1つの因子でしかない。医学生のときから30年、体温の研究にはまり、『40℃超えの日本列島でヒトは生きていけるのか 体温の科学から学ぶ猛暑のサバイバル術』を書いた、早稲田大学人間科学学術院の永島計教授に詳しく聞いた。

汗の本業は「体温調整」ではない

──体温調節の専門器官はないと聞き、虚を突かれる思いです。

体温調節は借り物レースです。暑いと皮膚血管が拡張したり、寒いと震えることで筋肉を使ったり、また褐色脂肪という熱を生む脂肪を使ったり。発汗もそうです。

──汗は専門器官化しつつある?

そうですね、ここまで体温調節に使っているのは人間だけです。ただ、汗の本業は滑り止め。ほかも、皮膚血管は循環、筋肉は運動とみんな本業があります。それらが、体温調節にも使われるようになった。これほど多くの器官、臓器を使って調節する体の機能はありません。しかも、極めて細かく調節されている。例えば、血圧は変動が大きく、高血圧の場合、服薬が必要ですが、体温調節で薬を飲む人はまれです。

──その「体温」は2つある。

脳や臓器のある中心の温度(コア温)と体表の温度(シェル温)です。人間は見かけよりも中身で(笑)、重要なのはコア温。ただ、環境に接する皮膚温は体温調節において重要です。コア温は37±0.3℃、皮膚温は30〜35℃です。

──最大7℃の差があります。

理由は代謝。摂取したエネルギーの8割は臓器や筋肉で熱になりコア温を高めます。そして、コア温を維持しようと筋肉、脂肪が断熱材として働きます。ただ、最終的には体温より温度の低い外界に熱は放出されます。

次ページなぜ人間は熱中症になりやすい?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。