年間20万人が訪れる「北朝鮮観光」のリアル

北朝鮮を観光すると何ができるのか

世界的にも閉鎖国家として知られる北朝鮮。そんな北朝鮮が2018年には外国人観光者を約20万人受け入れたという。観光業強化の目的とは(写真:frenta/PIXTA)
日本の隣国でありながら国交がなく、世界的にも閉鎖国家として知られる北朝鮮。そんな北朝鮮が観光客を積極的に受け入れ、経済成長のための主要産業として観光業を位置づけようとしている。はたして、北朝鮮観光とは。『北朝鮮と観光』を書いた慶應義塾大学の礒﨑敦仁准教授に聞いた。

昨年は日本人360人が訪問

──日本人の大多数は、北朝鮮を観光できるとは思っていないのではないでしょうか。

そうでしょうね。とはいえ、2018年に北朝鮮は外国人観光者を約20万人受け入れた。中国人が最多ですが、欧州からは専門の旅行会社を通じて入国しているし、北朝鮮の敵対国であるアメリカからの観光客もいます。

──日本からの旅行者はどれくらいですか。

昨年は360人ほどが訪問していることがわかっています。中外旅行社をはじめ専門の旅行会社もあり、今ではSNS(交流サイト)などを通じて積極的にPRしている会社もある。1990年代にはJTBや近畿日本ツーリストといった日本を代表する旅行会社が北朝鮮へのツアーを募集していたという実績もあるのです。

拉致問題もあり「北朝鮮は怖い」というイメージを持つ日本人は多く、そう感じる人は北朝鮮を旅行先としてまったく考えないでしょう。一方で、一度でも関心を持って訪朝した人の中には、リピーターとなる人も少なくない。

──北朝鮮からは経済制裁で日本への観光はおろか、入国もほぼ不可能です。北朝鮮が日本人を含めた外国人観光客を受け入れているのはなぜですか。

この十数年間、北朝鮮経済は回復傾向にある。金正恩国務委員長は国内に「観光地区」を建設中で、温泉の開発にも注力している。観光業を重視しているのは間違いない。また2018年には南北や米朝の首脳会談も行われ、外交的緊張が緩和されたことも追い風です。制限、管理はしつつも「外国人に自国の姿を積極的に見せていこう」というのが金委員長の方針でしょう。

次ページ北朝鮮が観光を積極化するワケ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。