日本人は「人口急減の恐怖」を知らなすぎる

今後はフリーフォールのように急減していく

「日本の人口はなぜこんなに減ってしまうのでしょうか?」
わたくし、TKO木本武宏が複雑な現代の世の中をエキスパートから教えてもらう対談。第8タームのゲストは森田朗さん。少子高齢化社会を迎えた日本について、人口問題や社会保障の観点から積極的な提言を行っている第一人者です。前編では、日本の人口がなぜ減ったのか、また、少子高齢化は何が問題なのかについて伺いました。

ジェットコースターの急坂を迎えた日本

この連載の過去記事はこちら

木本:日本の人口はどのように変化するのか。今日は、人口問題について教えていただきます。

まず、「日本人口の歴史的推移」という面白い形をしたグラフが、いま私の目の前にあります。

森田:これは長期的な日本の人口推移をグラフにしたものです。西暦600年から2200年までの人口の推移を見ると、平安時代が500万人強、関ヶ原の戦いの時で現在の10分の1の1200万人、江戸時代に3000万人を超えて、明治以降、急激に増えました。2010年まではドカンと上がったわけです。ところが、そこが頂点で、これからジェットコースターのフリーフォールのように急減していきます。

次ページ急激に下がる原因は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。