知ると楽しい!英語で話してみる「アリの世界」

キリギリスを助けるアリはあり?

「アリ」にまつわる英語表現を紹介します(写真:Yana Tatevosian/iStock)

最近、だいぶ暑くなってきたので、庭作業をしているとたくさんのアリに遭遇するようになりました。気づくと筆者の腕を這っているヤツが数匹!なんてこともよくあります。

殺してしまうのは忍びないので、つぶさないように振り落とそうとしても、これがなかなか離れないんですよね。そんなふうにアリに好かれてもねぇ……。Am I that sweet?(オレはそんなにスイートかい?)

今回は、季節柄よく見かけるアリにまつわる英語表現を紹介します。アリを見かけたら思い出してみてください。そうすれば、夏の終わりまでには、しっかりと暗記できそうですね!

 ズボンの中のアリって・・・?

「アリ」を英語にするとantですが、アリはアリでも「シロアリ」はtermiteと言います。アリは生物学上「昆虫綱ハチ目」に属していますが、なんとシロアリは「昆虫網ゴキブリ目」だと知っていましたか? シロアリはそもそもアリではないのです。たしかに寸胴でゴキブリみたいかも! どうして「アリ」という名前がついてしまったのでしょうね。

この連載の一覧はこちら

それから、日本に上陸して話題になっている「ヒアリ」。こちらはれっきとした「アリ」の仲間で、英語ではfire antと呼ばれています。英語で聞くと納得なのですが、「ヒアリ」というのは「火のアリ」という意味だったんですね! かまれると大変みたいですから、Don’t get bitten by fire ants!(ヒアリにかまれないように!)

antの話のついでに、この単語の発音も意識してみてはどうでしょうか。一般的にアメリカではant(アリ)という単語はaunt(叔母)と同音異義語で、どちらも「エァントゥ(/ænt/)」と発音します。ところが、イギリスでantは「エァントゥ(/ænt/)」、auntは「アーントゥ(/ɑnt/)」と発音するんです。アメリカ式の発音をまねしたいという方は、どちらの単語も「エァントゥ(/ænt/)」に統一してみてください。

さて、今回紹介したいのはこのantを使ったイディオム。

ants in one’s pants(〔直訳〕自分のズボンの中のアリ)

という表現です。

次ページイディオムとしての意味は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。