狙うは1兆円。ユニクロ追う、43歳社長の野望

石川康晴氏クロスカンパニー社長に聞く

 10年間で22倍の連結売り上げ1000億円を達成し、快進撃を続けるクロスカンパニー。アース ミュージック&エコロジー(earth music&ecology)のブランドを手掛ける同社は、「半歩先」を行く先見性が持ち味だという。 『アース ミュージック&エコロジーの経営学』を上梓した、同社の石川康晴社長に聞いた。

先輩アパレルの悪しきケーススタディー

──女性活用で著名です。

社員3000人のうち女性が94%で、管理職の半数は女性。売り上げの98%がレディス、つまりカスタマーの98%が女性だから、社内をお客様の目線で満たしてしまうというだけの話だ。ほとんどの仕事がB2Cだから、お客様と社内を極力近づけることで、お客様に喜んでいただけるマーケティング戦略が組みやすくなる。能力があるから採用しているのであって、実際に利益も出してくれている。

──ここ数年は「日中集中戦略」に取り組んでいます。

2015年1月期は国内には100店出店する予定で、中国は新店53。中国は来期末に店舗数が倍以上の101になる見通しだ。台湾には7出店予定で、来期末44になる。このほか香港に7店あるから、総チャイナで見た場合150を超えてくる。ブランドはメインのアース ミュージック&エコロジー(earth music&ecology)が9割で、中国は初年度から黒字を続けている。

──進出当初、ご自身が現地駐在をしました。

11年9月に現地法人を設立し、その後2年間、上海でマンションを借りて駐在した。老舗の先輩アパレルに進出の悪しきケーススタディがたくさんあって、その共通のパターンは決裁権のない日本人に総経理を任せることだ。中国はすでにファッションがオリンピックのように競い合う土地柄になっている。日本は最近ようやく“黒船”のファストファッションが来たのに対して、中国では新店隣接の東西南北に諸外国のブランドがひしめき合う。交渉力でも負けないために、特に後発なことを考えて、まずは自分が住むしかないと判断した。

次ページ「行動なくして効果なし」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT