突破力あるリーダーとは(上)

新世代リーダー 石川康晴 クロスカンパニー社長

石川 康晴
クロスカンパニー社長
石川 康晴
1970年岡山市生まれ。94年クロスカンパニーを創業。99年に「earth music&ecology」を立ち上げ、現在では他ブランド含め、国内店舗数は約530店舗まで拡大、昨年9月には中国に進出。宮﨑あおいを起用したテレビCMでも注目を集める。女性支援制度を中心とした社内制度の充実、環境活動や地域貢献活動へも積極的に取り組み、東日本大震災で被災者180人の雇用を行ったことでも話題となった。内閣府男女共同参画会議議員。現在、岡山大学経済学部在学中。
─1994年、岡山市にオープンした1店のセレクトショップをルーツに、SPA事業への転換を遂げ全国約510店の店舗を構えるアパレル企業へと成長したクロスカンパニー。知名度を一気に押し上げた、オリジナルブランド「earth music&ecology」のCM戦略、「4時間正社員」など女性が正社員として長く働ける環境の整備、さらに中国への進出など精力的な展開を見せる同社の創業者、石川康晴氏がリーダーのあるべき人物像について語る。(2012年7月10日に六本木のアカデミーヒルズで開催した「東洋経済インタラクティブセミナー」の講演録です)

23歳、300万円での創業

まず、簡単ですがプロフィールの紹介から始めさせていただきます。岡山で生まれ、現在41歳です。実は今、大学で勉強もしています。月、金が大学で、火、水、木が中国か岡山か東京ということで、三か所に家を構えて行ったり来たりしている状況です。また、男女共同参画推進連携会議の議員として年に何回か学者の先生方とディスカッションをさせていただいています。

早速、クロスカンパニーの成長の軌跡ということで創業当時のお話を少しだけさせていただけたらと思います。

14歳のときに「将来、洋服屋をやりたい」と思い、そこからの始まりです。当時DCブランドが全盛期で、なけなしのお金でよく洋服を買いに行っていました。店員のお兄さんが言った「そんなに服が好きなら洋服屋をしたらいいんじゃないか」という言葉が心に入り、やると決めて以来、青年期一度もアパレル以外の職で迷ったことがありません。

そういう青年期を迎えながら学校を出て、紳士服で働きました。その後約3年近く修業という名の下、アパレルで仕事をして23歳のときに創業をしました。

創業当時に持っていたお金が300万円です。できることは限られているので、何とか100万円を運転資金にキープし、100万円を仕入れ代金に充て、残りの100万円でやりくりしたいと考えました。

店舗の内装は、ハンガーも100円均一で買ってきました。レジ台は粗大ごみから拾ってきました。雰囲気の無いお店をどうにか誤魔化さなければいけないということで、レコード屋さんからもらってきたフライヤーを壁に貼り、中古のレジは3000円で買ってきました。床のカーペットはホームセンターで購入し、什器も合わせて約35万円の内装投資をして起業しました。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT