けったいな文化を変え100年続く会社に

シャープの髙橋興三社長に聞く

たかはし・こうぞう ●1954年生まれ。80年静岡大学大学院修了、シャープ入社。健康・環境システム事業本部長、米州本部長、副社長を経て2013年6月より現職。

髙橋興三社長は2013年に社長に就任。経営不振に苦しむシャープを立て直す役割を担っている。

「シャープのけったいな文化を変えて、自由闊達な議論ができる会社にしたい」と訴える髙橋社長は、約1500億円の増資で一息ついた今、当初の計画を前倒しし、再成長のステージに入ることを宣言した。

──シャープのけったいな文化、とは。

シャープでは、社外の人に対して自分の上司を「~殿」と呼んでいた。おかしいでしょう。必要なさそうな社内向きの議論、根回しも多い。経営会議や取締役会も、いつもみんなが部屋に集まって開いていた。私が社長になってからは、米国から(ネットで)何回も取締役会に出ている。

人事制度は減点主義だった。それでは人間、挑戦しない。これを変える。イメージはフィギュアスケーターの羽生結弦さん。(五輪選考を兼ねた全日本選手権で)転んでも一番になった。ものすごく難度の高い技に挑戦したからだ。シャープも加点主義にしていきたい。最初は管理職から、今年10月から全員に始めていく。難しいが実現しなければ、自分の身を守るだけの集団になってしまう。

──そういった風潮はずっと以前からあった……。

自分が入社するときにも感じた。当時、外部の試作業者の方と打ち合わせしていた。そうしたら、先輩が飛んできて、「課長が呼んでる、すぐ来い」。何で課長のほうが大事やねんと。

新年に当たり社員全員に、行動変革宣言をしてくださいとお願いした。私もする。就任以来、文化を変えようと言ってきたので、今年は「『文化を変える』から『よい文化を創る』」。これが自分の宣言。よい文化まで変えることはないが、足していくべき文化もある。

次ページ再成長への道筋は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。