けったいな文化を変え100年続く会社に

シャープの髙橋興三社長に聞く

──再成長へ向けた具体的な道筋はあるのか。

社長として、具体的な新規事業を作ることはもちろん大事なことだ。ヘルスケアやロボティクスといった五つの領域がそう。マキタやデンソーといった資本提携先ともチームを作り、議論を進めている。

ただ、ここ10年間で伸びる事業を作るだけではダメ。自由な考えを引き出し、永遠とは言わないが少なくとも次の100年続くような礎を作るのが社長の仕事だ。

「シャープは液晶の一本足打法や」といわれてきた。これはそのとおりで反省しないといけない。もしここで、いきなり液晶と全部入れ替わるような事業を狙ったら、同じことになってしまう。巨大な市場は参入企業も多く、あっという間にレッドオーシャン(激しい競争市場)になる。

われわれには画像処理、メカトロニクス、ディスプレーなどの技術がある。持てる根幹技術をどれだけの製品領域に広げていけるかだ。

――電機業界で経営を再建した例として、日立製作所やフィリップスなどがある。パナソニックも車載機器や住宅事業を強化している。シャープでもそうした事業の組み替えがありうるか。

そうなっていくと思う。若い人たちの知識や発想はすごい。彼らが自由にできる環境、システムにしていく。人事評価などを変えることで、自発的にそういうものが出てくると信じている。

――年初の米家電見本市(CES)では、シャープも含め各社が4Kテレビを展示した。4Kテレビの展望は。

国によってばらつきがあるが、日本では東京オリンピックを目指し総務省は8Kテレビ(の実現)も想定しているようだ。シャープもすでにCESで8Kテレビを展示している。ただ、8Kの方向に進むにしても、放送やインフラ面での制約がまだある。

シャープは短期的には『アクオス クアトロンプロ(米国ではクアトロンプラス)』を展開していく。データ量はフルHD並だが、フィーリング的にはほとんど4Kという商品であり、どこまで伸びてくれるか期待している。

――4月の消費増税以降の国内販売はどうなると分析しているか。

一般論でいえば1~3月で10%程度上振れし、増税後は9月ごろまで反動が出る。シャープの国内事業比率は40%なので、10%増だと4%上振れする。

社内では、「4月以降に機能を多少追加したような商品を作ってもだめだ」と話している。見たこともないようなもので、お客が欲しいと思ってもらえるものをど れくらい商品化していけるか。新規事業推進本部で進めており、いきなり4月は無理としても4~6月期には出していきたい。

週刊東洋経済2014年1月18日号(1月14日発売) 「この人に聞く」に加筆)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おカネと人生の相談室
  • 離婚のリアル
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?