ホットケーキを侮る人が知らない経営の超本質

わざわざお店で出せるほどの徹底した差別化

ありふれたメニューだからこそ徹底すれば差別化できるのです(写真:masa/PIXTA)

『「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント』(遠藤 功著、東洋経済新報社)についての印象は、「ユニーク」のひとことに尽きる。

なにしろホットケーキのおいしい店を紹介するガイドブックでありながら、「ホットケーキからビジネスを考える」という目的を備えたビジネス書でもあるからだ。

著者の遠藤氏は、ホットケーキ好きの経営コンサルタント。ホットケーキが「絶滅危惧種」であることに気づいて以来、おいしい店を食べ歩くようになったのだという。

ビジネスの視点でのホットケーキ

そしてそんななか、ビジネスとしての疑問がいくつも湧いてきたのだそうだ。

――なぜこのお店は、面倒くさくて値段も安いホットケーキを提供しているんだろう?

――なぜ見栄えがよくて値段も高いパンケーキにしないんだろう?

――なぜ家庭でもつくれるホットケーキをわざわざ並んででも食べに来るんだろう?

――なぜ来日する外国人たちはこぞってホットケーキのお店に押しかけるんだろう?

――どうやってこんなに斬新でモダンなホットケーキは生まれたんだろう?

などなど。正直なところ、個人的には「ホットケーキはホットケーキ」としか考えていなかった。が、ビジネス的な観点から見てみると、上記のようなことは確かに不思議だ。

ビジネスとは「差別化」を追求することだと私は思っています。
差別化なんて言葉を使うとぎょっとする人もいるかもしれませんが、要は「ほかの人たちとは違う何か」を生み出すことができなければ、ビジネスで成功することはできません。(「はじめに」より)

事実、遠藤氏が訪ね歩いた店はどこも、ホットケーキという一見ありふれた食べ物で差別化することに成功し、多くのファンを魅了している。そして、そこには「繁盛する理由」があるというのだ。

次ページホットケーキで見る競争戦略
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。