なぜ最後にはみな、帝国ホテルを選ぶのか

卵料理からシャワーの水圧まで、圧巻のこだわり

帝国にしかない笑顔

「オールドインペリアルバー」。カウンターでは席ごとにスポットが当たる

――ホテル業界を取材する一記者として、「最後にはなぜ帝国ホテルが選ばれるのか」というのは永遠のテーマです。立地もよいですが、パワースポットだと言う説すらあります(笑)。

ああ、そうですか、それはありがたいですね(笑)。まあ、場所もありますし。われわれが心掛けているのは、お客様から頼まれたオーダーについては確実にちゃんとお応えする、それへのこだわりです。

先日、お客様から言われてうれしかったのは、「帝国ホテルに行くと、笑顔がある」と。うちをずーっとお使いいただいている顧客企業の窓口の担当役員の方が、「やっぱり定保さん、帝国ホテルに行くと皆さん笑顔で迎えてくれるんだよね」と。

「試しに外資系のホテルに行ったらクールでかっこいいんだけど、全然、笑顔がない。笑わせようと思って一生懸命努力したんだけど、全然、駄目だった」と、おっしゃる。

――ははは(笑)。

顧客の方ですから、確かに「お帰りなさいませ、今日もどうもありがとうございます」ってことでお迎えするんですけど、笑顔でとにかく元気よくお迎えして、あいさつをしようと心掛けているのです。

先ほど申し上げた「さすがの運動」のいろいろな取り組みも、ほかのいろいろなサービスも、ほとんど現場から発案されているんですよ。経営側から「こうしようよ」と、やらせてスタートしたサービスは、ほとんどないかもしれません。お客さまに楽しんでいただこう、お客様が間違いなく滞在して、出発できるようにするためにどうしようかと、つねに現場のみんなが考えて、ずっと代々きていますから。それに対する安心感というか、期待感はあると思います。

――「さすが運動」のきっかけは何だったのですか。

13年前に開業110周年を迎えるにあたり、これから帝国ホテルのレベルをどう上げていこうかと考える中で、いかにサービスのレベルを上げるかが、いちばん重要な課題だと思ったのです。

私は今、(現場を仕切る)総支配人も兼務していますが、経営のヒントはつねにお客様の声にあり、現場の発想にあると思っています。それを全員で共有することによって、レベルをどう上げるかが、私たちの重要な課題です。

(撮影:梅谷秀司)

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT