なぜ最後にはみな、帝国ホテルを選ぶのか

卵料理からシャワーの水圧まで、圧巻のこだわり

ご自宅にいらっしゃるときと同じだと思うのです。お客様の立場に立って、疲れた1日をいかに、温かいお湯なり、夏であれば冷たいお水できちんとリフレッシュできるかどうか。改修が終わった新しい本館の客室のバスタブは、だいたい2~3分で湯船がいっぱいになります。

客室のシャワー。水圧には総支配人のこだわりが

そうした居住性、快適性、正確性には、ある意味ずっとこだわってきています。それが目に見えないウチのひとつのウリかもしれません。都心の新しいホテルでは水の出具合は問題ないでしょうが、海外ではけっこう感じることが多いのです。

もともとスタートが日本の迎賓館というか、海外からいらっしゃる特にVIPをお迎えするためのホテルですから、客室で長旅の疲れをとっていだだくことにこだわってきた。それにプラスするようにランドリーを始めたり、郵便局を置いたり、ハイヤーを始めたりしているわけです。

昔からお客様に、「セカンドホームに帰ってきたようだ」と、よく言われます。よくいらっしゃる会員の方は、枕の高さがいつも自分のテイストに合っているとおっしゃいます。枕は通常4つ置いてありますが、いつも2つで寝ている方なら、始めから2つにしておく。腰に問題がある方なら、必ずベッドマットの下に、堅い板を入れたりします。

その人のテイスト、お好みに合った態勢を整える。シャワーの水圧も当たり前のことです。私はそんなに出張しないですが、国内で出張する場合でも、やはりひねって水がどれくらい出てくるかなといつも楽しみにしています。なかなか100%これはすごいな、というシャワーには当たらないですね。

――ご自身でもお客さんの感覚で旅行されて、それを帝国で実現できるかどうかですね。

昔は、特にVIPのお客様のご滞在中のお手伝いをする竹谷(年子氏)というおばあちゃんがいました。彼女は清掃が終わったら、まだ水の張っていないバスタブに入って、お客様になった気持ちで周りを見て、汚れが全部落ちているかどうかチェックした。

便器の下部にカビが黒く残っていたりしたら、バスタブに入れば目線が違うからわかるんです。それは会長の小林(哲也氏)も昔からずっと教わっていましたし、私も入社して研修で3~4カ月たたき込まれました。

次ページ復権する、ホテル婚礼
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT