激変! 今どきのビジネスホテル事情

龍名館の高級外資に負けない「こだわり感」

 東京だけでも、星の数ほどあるホテル。どれも大差ないと思ったら、大間違い。一歩足を踏み入れれば、そのホテルにしかない、魅惑のストーリーが展開している。
 レジャーとしてのホテルを知れば、より日常が楽しくなるはず――。この連載では、注目のホテルの総支配人を訪ね歩き、知られざるホテルの物語を発掘していく。
「安かろう」だけではない?ビジネスホテルが激変している(写真はホテル龍名館東京の客室)
 JR東京駅八重洲北口から数分。近代的な空気が漂うホテル龍名館東京は、明治32年創業の旅館が発祥の老舗ホテルである。
 関東大震災による焼失、太平洋戦争後の再建を経て、1968年に「ホテル八重洲龍名館」を開業。それをもう一度スクラップ&ビルドして、2009年に現ホテルがオープンした。
 新ホテルは内装を一新して最先端の設備を入れ、駅チカ立地と和テイストが受けて、高稼働を続けている。独立系の宿泊特化型ホテルとして、老舗から一気にトレンドの先頭を走るこのホテルの人気の秘密を、水野豊総支配人に聞いた。

ユニクロに共感するワケ

――旅館だった「龍名館」がホテルとして生まれ変わりました。新ホテルのコンセプトを教えてください。

われわれのコンセプトは「東京駅前の宿泊専門店」です。

街の旅館を系譜するホテルである、というのがわれわれのルーツであり、軸です。立地はまさに東京駅前で、そこにある宿泊の専門店として、旅のコーディネーションの一角を担う。お客様の旅をよりクリエー ティブにしていく。

たとえばユニクロ(ファーストリテイリング)の柳井社長も「われわれはファッションの“パーツ”を売っているのだ」とよくおっしゃいます。つまり、全身をコーディネイトするのではなく、ある部分において貢献するのだと。ホテルも、お客様が自分らしい旅をするためのパーツのひとつだと思います。

プロがパッケージした旅を買うのでなく、お客様が自分自身で旅をコーディネートするように、時代は変化しています。われわれはターゲットを明確にセグメント(限定)していません。自分が気持ちよい旅をコーディネートしたい方たちに選ばれるホテルでありたい。

次ページ刑事のように、お客様の使用した後を観察?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT