「口下手の人」が実はプレゼンで有利な深いワケ スピーチのプロが語る「言葉の選び方」の極意

印刷
A
A

「私たち」という言葉。これを言った瞬間に、あなたはまだ相手のことを仲間だと考えていることがわかる。お互いが、離れていないことを一瞬で表現することができます。

日本語での会話では普段、主語を付けて語ることは多くありません。自分の立場や考えを主張するときだけ、「私は」「僕はね」などと語っているはずです。

しかし、聞き手を巻き込み一体感をつくりたいとき、私とあなたは1つのチームなんだと潜在的に語りかけたいとき、「私たちは」という主語は、大いに役に立ちます。

「同じ仲間」であることを意識させる

「私たち」をスピーチに多用したのはオバマ前アメリカ大統領でした。個人のリーダーシップが問われる大統領選挙で、「We(私たちは)」、「оur(私たちの)」、「us(私たちを/に)」、「ourselves(私たち自身を/に)」といった言葉を多く用いて、有権者に当事者意識を持たせることに成功しました。

これが話題になり、日本の政治家も多くが「私たち」と語るようになり、飛行機の機内アナウンスも「私たちの現地到着時刻は……」と変わっていきました。

『博報堂スピーチライターが教える 口下手のままでも伝わるプロの話し方』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

口下手のままでも相手に伝わる簡単なコツとして、「私たち」を多用する。会社の小さな会議でも「私たちのプロジェクトは……」「私たちの今後のスケジュールは……」「私たちはこれからどうすればいいのか……」と語ることで、参加者に当事者意識を醸成する。

コミュニケーションの場では、つねに「同じ仲間」であることを意識させましょう。

反対に、二人称を複数形にしてはいけません。「あなたがた」「あなたたち」ではなく、「あなた」を使いましょう。

大学教授の話を聞いていると、「あなたがた」と複数形で呼びかける人が多いことに気がつきます。授業など、大勢の学生に語りかけることが多いため、つい、複数形を使ってしまうのでしょう。

「あなた」というズバリ人を指す言葉のインパクトはありません。

しかし、二人称の複数形は、一人称とは逆に、聞き手から当事者意識を奪ってしまいます。「あなたがた」と呼びかけられても、「私以外にも人がいるんだな」と思うばかり。

大勢の人がいる場合でも、使うのは「あなた」。これをもっと効果的に使うには、「今、眠いと思っているあなた。面倒だなぁと感じているあなた。忙しいんだよ!と文句を言いたいあなた。いろいろ不満もあるでしょうが、この課題はやってもらいます!」と、「あなた」を具体的に示すことで、多くの人に呼びかけていきます。

言葉の中で、最も人の心に響くのは名前です。その名前に変わる人称代名詞は、使い方次第で、相手を巻き込み、参加者全員に当事者意識を持たせる魔法の言葉なのです。

ぜひ、効果的な使い方を覚えてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT