人殺し「耐性カンジダ菌」世界同時発生の恐怖

手を打たなければ世界で1000万人が犠牲に?

世界中で密かに同時多発的に増えている真菌の一種「カンジダ・アウリス」(写真:Melissa Golden/The New York Times)

昨年5月、ニューヨークのブルックリンにあるマウント・サイナイ病院の分院にある高齢男性が腹部の手術のために入院した。血液検査の結果、男性は最近発見されたばかりの謎の、そして危険な菌に感染していることがわかった。

この菌は「カンジダ・アウリス」という真菌の一種で、世界中でひそかに広がっている。免疫が弱った人の命を奪う。アメリカではニューヨークやニュージャージー、イリノイで最近確認され、アメリカ疾病対策センター(CDC)では「差し迫った脅威」である病原体のリストに加えられた。

細菌だけでなく、真菌も耐性菌が急増

マウント・サイナイ病院の患者は90日後に病院で死亡したが、それで終わったわけではなかった。検査したところ病室内のあらゆる場所にカンジダ・アウリスは残っており、病院は菌を根絶するために特殊な洗浄機器を使ったり、天井や床材の一部を剥がす必要に迫られた。

カンジダ・アウリスはとても頑固な菌だ。主要な抗真菌薬が効かないというのもその理由で、耐性菌の増加という非常に厄介な医療問題に新たな例が加わったといえる。

とても頑固なカンジダ・アウリス(写真:CDC)

抗生物質の登場で、かつては死に至る病だったさまざまな伝染病を治療できるようになり、人間の寿命は長くなった。だが抗生物質を使いすぎればせっかくの効果が損なわれてしまうと、公衆衛生の専門家は何十年も前から警鐘を鳴らしていた。そして近年、細菌だけでなく真菌でも同じように耐性菌が急増しているのだ。

「非常に大きな問題だ」と言うのは、ロンドン大学インペリアル・カレッジのマシュー・フィッシャー教授(真菌疫学)だ。

「治療は抗真菌剤の効果が頼りなのだから」

要するに真菌は細菌と同様に、薬に負けない自衛手段を発達させているわけだ。イギリス政府の助成で行われた研究によれば、もし耐性菌の増加を食い止めるような政策が実施されなければ、2050年には世界で1000万人が耐性菌の感染症で死亡する可能性があるという。ちなみに同年のがんによる死者はそれより少ない800万人と見込まれている。

次ページカンジダ・アウリス感染患者の多くの患者が90日以内に死亡
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。