「令和」ビジネスに浮かれる面々への冷静な視線

感心されるか非難されるかは紙一重

メルカリなどさまざまな企業が即反応したワケですが……(撮影:長瀧 菜摘)

テレビも雑誌もネットも「令和」、町を歩いても店に入っても「令和」。改元まで、まだ約1カ月あるにもかかわらず、予想以上の露出量に驚いている。あるいは、食傷気味という感はないでしょうか。

4月1日の段階では、新たな時代の到来を祝うムード一色でした。「令和」発表の号外が配られたとき、人々が争うように群がり、怒号が飛び交う様子が報じられても、「おめでたいことだから仕方ないよね」という空気だったのですが、ここにきて変わりつつあります。

例えば、しわくちゃになった号外をうれしそうに抱える人の映像も、現在では「みっともない」などの声が上がり始めました。さらに、他人を押しのけて自我を通す様子に、「『人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ』という令和の意味に反している」という批判的な声も見られます。

ところが、「令和」にまつわるビジネスや報道は、やむどころか乱立状態。しかも、各企業に「そのビジネスはアリですか?」、各メディアに「この報道でいいんですか?」と、冷めた視線を送りたくなるものが多いのです。

すでに数百の「令和」グッズが発売

すでにメディアで多々報じられていますが、「令和」に関連したビジネスはさまざまなものがあります。なかでも、スピード感を売りにしたものをざっと挙げてみましょう。

広島県の精密鋳造部品会社「キャステム」は、テレビに映された「令和」の文字を転写したスズ製のぐい呑みを発表の2分27秒後にホームページで販売。

上野の乾物店・伊勢音は、「令和」パッケージのかつお節を3分38秒で販売。

静岡県の「伊豆・三津シーパラダイス」のアシカ・グリルが発表から約30分後に「令和」の書道パフォーマンスを披露。

アート・キャンディ・ショップ「PAPABUBBLE大丸東京店」は、発表から1時間あまりで「令和」の文字を入れた金太郎アメを販売。

エアバンド「ゴールデンボンバー」は、発表から約1時間で新曲「令和」を制作・配信リリースし、2日の「うたコン」(NHK)でさっそく歌唱したほか、10日にはCDも発売。

新宿の餃子店「安亭」は、「ドリームジャンボ“令和”餃子」を新元号公表直後から販売。

長野県の遠藤酒造場は、「令和」と命名された純米酒500本を販売。

秋葉原に約300もの「令和」グッズを扱う「令和ショップ」がオープン。

次ページ「令和」関連ビジネスをどう感じたでしょうか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。