クリスマスを「一人で過ごす」心得

仮面夫婦ならぬ、仮面恋人は卒業せよ

クリスマスを”仮面恋人”とすごすくらいなら、一人ですごしたほうがよっぽどいい(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

「あっついなー、こんな激熱空間のシンガポールで、なにがクリスマスソングやっ!!」

今日もシンガポールは30度を超える炎天下でとにかく暑い。最近タイのプーケットに行ってきたのだが、プーケットはまだ風がある。しかしシンガポールは暑く湿気が恐ろしく高いのみならず、風がまったく吹かないのだ。

このどんより蒸し暑い熱帯雨林な気候の中、この季節一番悲惨なのがコーヒーショップから百貨店まで、どこを見渡してもあの分厚い赤く白い衣装に身を包んだ、それはそれは暑そうなサンタクロースである。

「シンガポールでサンタクロースとトナカイの着ぐるみだけは、やったらアカンやろう・・・」「それにしてもサンタクロースの中身のヒト、どれだけ時給もらってはるんやろう・・・」などとその身の上に想いをはせながら、「こんな馬鹿暑いのに、クリスマスもへったくれもないわな!」と昔のコラムで登場した我が友、キム・ヒョングさんが不意に私にこう語る。

「兄さん、(韓国では年上の友人を兄さん、と呼ぶ)クリスマスが暑苦しいのは当たり前で、これこそ本来あるべき姿ですよ。そもそもイエス様はどこで生まれましたか?そうです、イスラエルです。そのイスラエルはどこにありますか?そう、中東です。

中東の国々の気温をご存じですか??そうなのです。イエス様も気温40度といった炎天下の砂漠の中でお生まれになったので、本来クリスマスはトナカイではなくラクダに乗るべきなのです。

ホワイトクリスマスはニューヨークの商業主義とハリウッドに押し付けられた偽りのイメージで、本当は暑苦しい炎天下の砂漠の中を、ラクダに乗りながらターバンとかに身を包んで迎えるのが、本来のクリスマスの有り方なのです」

「なるほど、そうか~、クリスマスはターバン巻いてラクダに乗るのが正しかったか~!」というそれなりの発見に驚きつつも、やはりクリスマスは恋人とロマンチックに過ごしたいものではなかろうか――と言いたいところだが、30歳を超えたころから・・・というか、20代後半くらいから、クリスマスってどうでもよくなってきたという人もいるだろう。

次ページ一人で過ごすことに恐怖を感じる人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT