東大卒・MBA女子が、結婚できない理由

34歳を超えたら精子バンク?

 グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。しかし、そのリアルな姿はなかなか伝わってこない。グローバルエリートたちは何を考え、何に悩み、どんな日々を送っているのか? 日本生まれの韓国人であり、国際金融マンとして、シンガポール、香港、欧州を舞台に活動する著者が、経済、ビジネス、キャリア、そして、身近な生活ネタを縦横無尽につづる。
ロンドンの街で恋バナに花を咲かせてみた(写真:Press Association/アフロ)

「ムーギーさん、わたし、34歳になっていい人がいなかったら、精子バンクでとりあえず出産だけしようと思ってるんです・・・」

町村藍32歳(仮名)。東大法学部を出て米国のビジネススクールでMBA(経営学修士)をとり、現在某トップティア・グローバルコンサルティングファームの某国オフィス(以下ではMBBと称す)で働いている。

彼女は新卒のときから私がキャリア相談にのってきた子なのだが、久しぶりにロンドンで再会した先週(注:彼女の勤務地ではありません)、私をコベントガーデンやらリージェントストリートの散歩に案内しながら、喜々として“恋バナ“を私に挑んでくる。

私も嫌いなほうではなく、むしろ恋バナだけでコラムを書いたほうが人気が出るのでは、と思っているくらい、無益な恋愛にうつつを抜かしてきた。そこで本日は久々の、グローバルエリートの恋愛・結婚相談編の続編ということで、あまりにもお目が高くて婚期を逃しつつあるグローバルエリートの皆さんが何を考えて恋愛・結婚に励んでいるのか、親愛なる読者の皆様と共に考えていきたい。

次ページ恋愛ポートフォリオもグローバル
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。