結婚5年で別れた銀行員が妻から受けた壮絶DV

殴る、蹴るはもちろん罵倒、監視、締め出しも

「こんな理不尽が許されるのか」と嘆く彼の壮絶体験とは(筆者撮影)
単純計算すると3組に1組の夫婦が離婚している日本。そこに至るまでの理由は多種多様だ。そもそも1組の男女が、どこでどうすれ違い、別れを選んだのか。それを選択した一人ひとりの人生をピックアップする本連載の第11回。

「離婚の理由は、元妻のDVです。殴る、蹴る、髪をつかまれるなど、ありとあらゆる暴力を受けましたね。元妻のDVは、まるで総合格闘技のようでした。今でもここに、元妻のひっかき傷が残って消えないんですよ」

そう言うと、荒川敦さん(33歳)は、頬を指さした。確かに、左頬に斜めにうっすらと鋭い線が入っている。

敦さんは、28歳で結婚し、33歳で離婚。5年間の結婚生活に終止符を打った。5歳年下の桃子さん(結婚当時23歳)は、短大卒業後に入社した銀行の後輩だった。職場でも指折りの美人だった桃子さんに、敦さんのほうからアタックする形で交際が始まり、ほどなくして同棲。その後、桃子さんの妊娠が発覚して、結婚することになった。

LINEも使わせてもらえなかった

かつての敦さんは、男女共に友達が多かった。中学、高校、大学の同級生は男女関係なく仲がよくて、メールでやり取りをすることもあった。しかし同棲が始まるようになると、桃子さんはそのやり取りに激怒した。

この連載の一覧はこちら

「『お前は浮気をしてるから、いますぐ連絡先を消せ』と言うんです。元妻の感覚では、女友達と連絡を取るのが、浮気になるんです。いやいや、待ってというと、『なんでオメーは私のいうことを聞かないんだ! 浮気しているくせに連絡先を消さないなんておかしいだろ! お前の女友達はみんなアバズレだ。さっさと消せ!』とスマホを投げつけてくる。

『浮気するやつは、LINEを使っちゃだめだ』と言うようにもなりました。その浮気の定義はおかしいと言うと、『浮気しといて私の言うことがなんでできないの! 反省してないのか! オメーが浮気をしたからだろ!』とヒートアップして、ボカッと顔を殴ってくるんです。妻は体育会系で元柔道部なので、投げられることもありました」

次ページ連絡手段を絶たれ、孤立
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。