ダンスを仕事にした33歳「FISHBOY」の流儀

才能を開花させる人とさせない人の差とは

テクノロジーが発達し、誰もが動画で学べるようになった一方で、懸念もあるとFISHBOYさんは続ける。

「ダンスはスポーツであり、アートであると思っています。中途半端にまねするだけだと、世界的にダンスが似通っていって面白くなくなってしまいます。審査員をしていると、実際にその傾向を強く感じることがあります」

才能とは、努力の積み重ねである

上手な人の動作を模倣すること自体は悪くないが、コピーレベルに止まらないためには何が必要なのだろうか。

「私はある沖縄の方のダンスが好きで、その方のビデオばかり何度も繰り返して観ていました。よくテレビでモノマネ芸人がご本人にあいさつをしに行くシーンがありますが、それと同じように、憧れていた方に『申し訳ございません。最近踊りが似すぎていると言われておりまして』と話したところ、その方から意外な言葉が返ってきました。

『どんどんまねしてください。まねて、まねて徹底的にまねしていると、そこから我(が)が出てきますから』と。そのとき、自分だけのオリジナリティーを生み出すためには、突拍子もないインプットを行い、自分なりに昇華していくことが必要なのだと教わりました」

ほかと違う表現をしようとする際、バレエやコンテンポラリーなど、隣の畑をのぞいてみるというのはよくあることだ。しかし、FISHBOYさんはダンスというカテゴリー自体から飛び出し、アミューズメントパークのロボットやブリキの人形や、動物園のゴリラや鳥の動きを完コピーしながら独自のダンスを生み出していった。

動物園へ行きゴリラや鳥を観察して、その動きをダンスに取り入れているそうだ(撮影:今井康一)

結果を出している人の話を聞くと、結果を出せない人は必ずと言っていいほど、「自分には才能がないから」と口をそろえる。

しかし、FISHBOYさんは天賦の才能がある人はごくまれな存在であり、才能は自らの力によって蓄積することができるものだと話す。

「私は、才能とは知らないうちに積み重ねた努力のことだと思っています。例えば、野球をしていた人がサッカーのキーパーで日本代表になるということがあります。一見つながりがないように思えることであっても、あることに対する努力が別の素養をつくっています。

私の場合も、幼少期にサッカーやムーンウォークの練習をしていたことが、現在のダンスにつながっているように思います。知らないうちに積み重ねてきた努力が何かに向いているとわかった瞬間、それは才能になると思うのです」

次ページ子どもに仕事を見せる機会を
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT