ダンスを仕事にした33歳「FISHBOY」の流儀

才能を開花させる人とさせない人の差とは

だからこそ、FISHBOYさんはもっと大人たちが子どもたちに「自分が向いていること」に気づく機会を提供していくべきだと主張する。

「親が何の仕事をしているかわからないけど、毎日つらそうに帰ってくる。大人がお昼に何をしているのか情報を与えられていないのに、将来の夢を聞かれる。それでは、子どもたちは自分が何に向いているか、気づくこともできません。そのためには、子どもたちにもっとワクワクする話を聞かせるか、そういう人の姿を見せるしかありません」

企業が「ぜひ我が社を見てほしい」というのと同じように、「ぜひ私の仕事を見てほしい」とアピールできる大人が増えれば、早い段階にたくさんのワクワクする未来があることを知り、自分に向いていることに気づく子どもが増えるかもしれない。

踊る喜びを、日本全国に

これまで数々の結果を出してきたFISHBOYさんの教えは、ダンスはもちろん、それ以外にも取り組みにも幅広く応用することができるだろう。

最後に、FISHBOYさんに今後の展望について語ってもらった。

FISHBOY/ダンサー、振付師。1985年大阪府生まれ。オリエンタルラジオの中田敦彦氏の実弟。オリエンタルラジオの2人とユニットを組んだ6人編成のダンス&ボーカルグループRADIOFISHとしても活躍中。2003年『DANCEATTACK高校生』全国大会優勝、2009年『JUSTE DEBOUT』世界大会で優勝など数々の受賞歴がある。日本人ダンサーでは初となるアディダスオリジナルからスポンサード契約を受けた(撮影:今井康一)

「ダンスを覚えれば、言葉を話すように自分を表現することができるようになります。現在は小中学校でダンスが必修科目になりましたが、今の40代以上のようにそれより前に育って人生で一度もダンスを経験しない方も大勢いらっしゃいます。

そんな方々にも、ダンスを通じて得られる喜びを知ってもらいたいと思っています。言わば、『全国民ダンサー化計画』が私の野望です」

人は楽しいから笑うのでなく、口角を上げて笑顔をつくると実際に楽しくなるということはすでに広く知られている。

それと同じように、オックスフォード大学の心理学者とプロのダンサー合同チームによる研究で、ダンスが人間に幸福感をもたらすということも明らかになっている。

もしダンス経験がないなら、あなたも恥ずかしがらずにチャレンジし、踊る喜びを体感してみてはいかがだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT