『カノ嘘』はただの恋愛映画じゃない 小泉徳宏監督が語る『カノ嘘』の本当の見方

✎ 1〜 ✎ 44 ✎ 45 ✎ 46 ✎ 最新
印刷
A
A
小泉徳宏 こいずみ のりひろ 1980年生まれ。高校時代に映画制作を始め、在学中に制作した短編映画が国内外の映画祭で高い評価を受ける。2006年に『タイヨウのうた』で劇場長編映画監督デビューし、大ヒットを記録。その後、『ガチ☆ボーイ(2008年)、『Flowers -フラワーズ-』(2010年)を発表するなど、小規模作品からエンターテインメント大作映画まで、幅広く手掛ける次世代の演出家として大きな注目を集めている。ROBOT所属。

――音楽プロデューサーを亀田誠治さんが担当しています。資料では「今回は小泉監督が何度もダメ出しをしてくれたおかげで、楽曲が格段によくなりました」と亀田さんがコメントしていましたが、あれだけのキャリアの人に対しても、遠慮なくダメ出しできるのはすばらしいことだと思ったのですが。

今になって冷静に考えれば、ムチャクチャでしたね。失礼ですよね(笑)。亀田さんの人柄があってこそです。

――亀田さんとは主にどういったやり取りがあったのですか?

映画に登場するバンドがどういう音楽性を持っているか、ですね。たとえば劇中に登場する人気バンド「CRUDE PLAY」の音楽性というものも、いろいろな可能性が考えられたからです。マンガだと音は聞こえてこないわけですから。ただ、すごくメジャーなバンドだということを考えると、ものすごくど真ん中のJ-POPなのか、それでもちょっとはずれたロックなのか。そういうことから考えないといけなかった。

1年後のトレンドを予想しながら楽曲を作る

そういう意味では昨年から話をしていたので、映画の公開時期にあたる今年12月にはやっている音はどういうものなのか、という1年後のトレンドも予想しながら考えないといけなかった。もしその予想が当たらなくても、僕らがはやらせるくらいの気持ちでいましたね。亀田さんが最初に作ってくださった「CRUDE PLAY」のデモは、ストリングスやウィンドチャイムやグロッケンが鳴るJ-POPど真ん中という感じの曲でした。でも僕はCRUDE PLAYはもっとエッジがあったほうがいいと思っていました。作曲を担当した秋のキャラクターを考えても、もう少し毒がないといけない。そういうところからどんどん修正をお願いしていきました。

――逆に言えば、しっかりとしたビジョンがあったということですよね。具体的な音はなかったかもしれないですが、バンドの方向性というものが。

そうですね、ただ、それを言葉にして伝えるのはすごく難しかったですね。だからいろいろなアーティストを引き合いに出し、CDを持ち寄ったりもしたのですが、それでも難しかったです。今までにまったくないバンドを、イチから作ろうとしているので。だからダメ出しと言うよりは、共同作業と言って欲しいです(笑)。特に最後に流れる曲「ちっぽけな愛のうた」は難しく、一度作っていただいたデモをナシにしたりもしました。そのときはとりあえず一緒にご飯を食べにいきました。

――あらためて話し合おうということですね。

これじゃないものを作りましょうと。そのときはまだ脚本が固まっていなかったので、脚本が変わると、最後に語るべき言葉も、当然、変わってくるのです。だからナシになったのは亀田さんのせいではなく、脚本ができていなかったところに原因があるので、つまるところ僕なのです(笑)。

(撮影:梅谷 秀司)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT