「ウィキペディア」における“自由”の意味

ネット界のユートピアにまつわる秘密

ウィキペディア創業者の頭の中とは?(写真:Newscom/アフロ)

世界の普通の人々が集まって百科事典が作れるなどと、誰が想像しただろうか。インターネット上の百科事典であるウィキペディアは、デジタル時代の知識のあり方と希望を具現化した存在だ。それを創設したのが、ジミー・ウェールズである。

ウィキペディアが生まれたのは、2001年のこと。ウィキという共同作業を可能にするインターネット上のシステムを用いて、世界中の人々が寄稿し、編集し、意見や、時には議論を戦わせながら百科事典を作っていく。そのアイデアは、思っていたよりもずっと速く人々に受け入れられていった。

現在、ウィキペディアでは287言語による3000万もの項目がアクセス可能になっている。インターネットの利用者ならば、誰でもウィキペディアを使ったことがあるだろう。知らない人名、地名、歴史、事件など、何でもウィキペディアで検索すれば、さまざまな資料を基に共同で書かれた解説を目にすることができる。すべて、編集者と呼ばれるボランティアの寄稿者らが書いたものだ。

アダルト向けサイト運営時に着想

実はウェールズがこのインターネット百科事典を思いついたのは、アダルト向けウェブサイトを運営しているときだった。大学を卒業してから、数年間、シカゴで先物トレーダーとして仕事をしている間に、ウェールズはインターネットの魅力に取りつかれた。ある程度の資産を手にした後、友人らとボーミスというサイトをスタート。これは今ひとつ商売としてはうまくいかなかったが、その間にウェールズはインターネットに何ができるのかという探索を深めていったのだ。

小さい頃から百科事典を繰るのが好きで、知識の世界に関心があったウェールズは、ウィキペディアに先立って、類似したインターネット百科事典を作っている。ヌーペディアと呼ばれるこの最初のサイトは、人々の寄稿した内容を専門家が査読するというプロセスがあった。高いレベルを保つための仕組みだったが、時間がかかるうえ、まるで試験のような専門家の査読に躊躇する人々が多く、それほど発展しなかったという経緯がある。寄稿者を博士号取得者に限っていたこともバリアとなった。

次ページ独特すぎる、運営方針
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。