iPhoneでショートカットを使わないのは大損だ

ツイート画面を開いたりLINE電話をかけれる

次に、画面右上のスイッチのような形をしたアイコンをタップして、ショートカットの名前を変更する。標準では「名称未設定ショートカット1」になっているので、わかりやすいよう、「就寝時の明るさ」など、具体的な名前にしておくといい。あとは、「完了」を2回タップすると、ショートカットアプリを起動したときの画面に戻る。

ライブラリに先ほど作った「就寝時の明るさ」が加わっているので、これをタップしてみよう。画面の明るさが、先ほど設定した値に一発で切り替わるはずだ。スライダーで調整すると、毎回微妙に明るさが異なってしまううえに、操作がやや面倒。決まった明るさにしたいときは、こちらのほうが便利だ。

ほかにも、Wi-Fiをオフにしたり、音量を最小にしたり、iMessageでの帰宅連絡をワンタップでしたりと、単機能でも便利なショートカットはたくさんある。どのような機能が必要かを考え、試してみるところから始めてみるといいだろう。また、ショートカットアプリには、あらかじめアクションが組まれた「ギャラリー」が用意されており、これをダウンロードして利用することもできる。自分のライフスタイルに合いそうなものがあれば、この中から選択して利用してみるのも手だ。

3. 作ったショートカットをすぐに呼び出す

ショートカットを呼び出すために、わざわざアプリを起動するのは本末転倒。作ったショートカットは、サッと呼び出せるようにしておきたい。方法は複数ある。1つはアイコンを作成しておくというもの。アイコンがあれば、アプリと同じようにホーム画面でタップするだけで、その操作が完了する。

作ったショートカットは、Safari経由でホーム画面にアイコンとして置いておくことが可能だ(筆者撮影)

アイコンの作成は、ショートカットの名称をつける際に行う。先に挙げた手順でショートカットの名称を変更する際に、同じ画面にある「ホーム画面に追加」をタップすると、ショートカットがアイコンとしてホーム画面上に現れる。アイコンを決めると、Safariが起動するため、共有メニューを開き、下段から「ホーム画面に追加」をタップすればよい。

最初に紹介した、Siriショートカットに登録することも可能だ。これをやっておくと、音声で必要なショートカットを素早く呼び出すことができる。タップしたほうがいいシーンもあると思うので、上記のアイコン作成と合わせてやっておくといいだろう。手順はSiriショートカットの登録方法と同じ。ショートカットアプリで作成したショートカットがある場合、ここにその選択肢が表示される。

ホーム画面の左端にある、「ウィジェット」からショートカットを呼び出すことも可能だ。ウィジェット画面のいちばん下にある「編集」ボタンをタップし、「ウィジェットを追加」の欄にある「ショートカット」の横にある「+」ボタンをタップすれば準備は完了。ウィジェット内には複数のショートカットがまとめて表示されるため、必要な機能をサッと呼び出すためのランチャーとして使える。

以上のように設定が少々面倒でとっつきにくいところはあるが、Siriショートカットやショートカットを駆使すれば、ルーティーンとしてやっている作業を軽減できる。iPhoneの操作を素早く済ませたい人には、ぜひ試してほしい機能だ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。