ジム・ロジャーズ氏「19年米国は深刻な事態に」

個人投資家はこれからどうすればいいのか

世界的な投資家のジム・ロジャーズ氏(左)は「バブル崩壊」がそう遠くない日に起きるという。では個人投資家はどうすべきか。経済キャスターの江連裕子氏が聞く(筆者撮影)  
アップルやアマゾンなどのハイテク株が大きく売られるなど、アメリカの市場は明らかに変調を来している。「米中貿易戦争」が長期化し世界景気の下振れリスクが高まるなか、株や債券などが暴落するリスクはないのだろうか。
世界を代表する投資家のジム・ロジャーズ氏に、経済キャスターの江連裕子氏がシンガポールで聞いた。

――アメリカを中心とした世界経済は、大きな曲がり角に差し掛かっているように見えます。

その通り。私には、世界経済はすでに問題を抱え始めているように見える。往々にして大きな問題は、皆があまり注目していないようなところから起きるものだ。たとえば(リーマンショックの前の)2007年の経済危機は小国のアイスランドから始まり、世界に広がっていった。

現在はラトビアやアルゼンチン、トルコなどが危機に直面している。だから、問題はすでに始まっているんだ。(それが世界的な大きな問題に発展するまで)あと1年かかるか2年かかるかはわからないが、その兆候はすでにある。だから危機感を感じるべきだ。

――今はやはりバブル経済が破綻する「一歩手前」なのでしょうか?

そう思うね。今月破綻するわけではないかもしれないけど、もうすぐだ。

――2008年のリーマンショックのような状況になる可能性はありますか? 少なくともアメリカも日本も欧州も、国家の債務が多いにもかかわらず金利は安く債券価格が高い「債券バブル」状態では?

いや、リーマンショックのような状態にはまだならない。リーマンショックが起きたときは、すべては終わっていた。リーマンショックにつながるさまざまな問題は、その1年以上前に始まっていた。弱気相場への移行が始まっていて、リーマンショックが起きたときには、すでに皆それに気が付いていた。今は、まだその状態に達していない。

だが債券バブルであることは、疑いようもない。債券には、短期債券やヘッジファンドが投資する特殊な債券などを除いては、原則今は投資すべきではない。世界中、どこの国の債券でもだ。

次ページAIや自動運転などの技術が花開くのはまだ先
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。