フリーランスと会社員、働き方の根本的な差

広がる「雇用されない働き方」の課題とは何か

フリーランスと会社員の働き方の違いはどこにあるのでしょうか(写真:yacobchuk/PIXTA)

企業に雇われることなく、自身の専門性や技能を提供することで報酬を得るフリーランス。時間や場所にとらわれない働き方として人気が高まっています。アメリカでは、インターネットを通じて単発の仕事を受注するフリーランス的な働き方が「ギグ・エコノミー」として注目されています。雇用されない働き方への関心は高まるばかりですが、その一方で新たな課題も指摘されています。

フリーランスと会社員の違いは?

近年、経済のデジタル化やシェアエコノミーの進展によって、インターネット経由で仕事を請け負うクラウドワーカーが拡大、いわゆるフリーランスという働き方が注目されています。

この連載の一覧はこちら

そもそも、フリーランスとはどのような働き方を指すのでしょうか。リクルートワークス研究所が行った調査では、フリーランスの定義を①雇用者のない自営業主もしくは内職であり、②実店舗をもたず、③農林漁業従事者ではない、としています。

同研究所が「全国就業実態パネル調査」(2018年)を用いて、フリーランスの人口規模を算出したところ、本業をフリーランスとして働いている人は就業者全体の4.8%に相当する約300万人、副業をフリーランスとして働く人も約140万人いることが明らかになりました。

従来は、仕事をしているといえば「会社員」のイメージが一般的でしたが、フリーランスと会社員は、いったい何が違うのでしょうか? 大きく3つの視点から、その違いを確認しておきましょう。

まず働き方です。フリーランスは、個人事業主として特定の企業に属することなく、さまざまな企業と契約を結び、単発の案件ベースまたは業務委託契約などを結んで継続的に仕事を請け負って働いています。いつどこで、どのようなやり方で仕事を行うか、自分自身で決めることができるため、時間や場所に縛られることなく、自由な働き方ができることが魅力の1つと言われています。

会社員の場合、「労働者」として企業と労働契約を結び、一定の労務を提供することで、給与を得ています。基本的に労働時間や就業場所が決められており、業務については使用者からの指揮命令を受けて働きます。ちなみに、正社員、契約社員、アルバイト、パートタイマーなどは、労働者に該当します。

次ページ報酬面の違いは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT