駒場公園に建つ90年前の「華族の邸宅」を探訪

目黒区の旧前田家本邸を360度カメラで撮影

2階にある侯爵の書斎(編集部撮影)

2階の侯爵の書斎ではその金唐皮紙の壁面やじゅうたんが復元され、室内の家具調度や本棚の書籍も往事のように設えられている。侯爵夫妻の寝室にはベッドが並べて置かれていてまったくの西洋式だが、その枕元の小さな棚には前田家当主の守り刀が備えられているのには武家ならではの伝統を感じる。室内の家具の多くはロンドンの高級家具店・ハンプトンズ社に特注しイギリスから船便で運ばれてきたもの。

寝室の隣はかつて侯爵夫人のクローゼットルームだったそうだが、さぞかし豪華なドレスや加賀友禅の着物などで満たされていたことだろう。フランス・パリの宝飾店・ショーメの日本国内でのいちばんの上客は前田侯爵夫人だったそうだが、それらの宝石は軍人である前田侯爵が戦時に供出し、失われている。

賓客の接遇の場にもなった

これ以外にも館内の家具やカーテン、じゅうたん、照明などは、前田家で使用されていたものや保管されていたもの、写真をもとに復元されたものが数多く見られる。こんな豪華な邸宅だが、前田家が以前に住んでいた本郷の邸宅はこれよりも規模が大きかったため、もっとこぢんまりした家をということでこの館が建設されたのだとか。

当時数少なかった西洋的なもてなしのできる本格的な洋館だったため、各国の駐日大使や来日した賓客の接遇の場としても使われた。

イギリスに長く滞在し、彼の地の貴族の本物のカントリーハウスがどのようなものであるかも知っていた前田利為が実現した館だが、彼がこの館に住んだのはほんの10年ほど。1941(昭和16)年の日米開戦の翌年、ボルネオ守備軍司令官として戦地に赴き、搭乗していた飛行機が墜落し58歳で没している。

旧前田家本邸のある駒場公園に隣接しては、前田家伝来の文化財を後世に伝えるための財団である尊経閣文庫の建物があり、こちらも本邸の洋館とともに国の重要文化財に指定されている。

また、洋館に隣接した和館や和風庭園も見応えがある。都立駒場公園として、かつての前田家東京本邸全体が残っていることが貴重なのだ。昭和初期に実現された英国風カントリーハウスと加賀百万石の威光は今もここで感じ取ることができる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT