東池袋の住宅街に建つ「美しすぎる書斎」を探訪

鈴木信太郎記念館内部を360度カメラで撮影

豊島区にある鈴木信太郎記念館を訪ねました(撮影:梅谷秀司)
東京23区だけでも無数にある、名建築の数々。それらを360度カメラで撮影し、建築の持つストーリーとともに紹介する本連載。第18回の今回は、豊島区東池袋にある鈴木信太郎記念館を訪れた。なお、外部配信先でお読みの場合、360度画像を閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みいただきたい。(文中敬称略)

フランス文学者の書斎

フランス文学者の書斎というと、どんなイメージのものを思い抱くだろうか。フランス語の原書や学術書などが書棚に並び、室内も西洋風の設えで、家全体にもアカデミックな雰囲気が漂っている……というようなことを想像するが、東京・豊島区の東池袋というちょっと意外な場所に、まさに“そのもの”という学者の家が遺っている。

記念館の外観(座敷棟)(撮影:梅谷秀司)

20世紀前半の日本のフランス文学研究の黎明期に活躍し、戦後に東京帝国大学(現在の東京大学)教授を務めた鈴木信太郎の住居だ。

建物は1928(昭和3)年築の書斎棟、戦後の1946 (昭和21)年に建てられた茶の間・ホール棟、そして1948(昭和23)年に埼玉県北葛飾郡の鈴木本家から移築した座敷棟の3つの部分から成っている。なかでもいちばんの見どころはこの家の主・鈴木信太郎がフランス文学に心酔し、研究を続けた書斎だ。

書斎の内観(編集部撮影)
次ページステンドグラスが美しい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT